ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長続きするカップルのコツは、ケンカの終わらせかたにあり!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「アタシは悪くないもん!」とつまらない事でケンカしたまま、なかなか仲直りができない人はいませんか? ささいなケンカからいつの間にか別れ話…なんてことにはならないよう、いまから仲直りのコツを覚えておきましょう!
婚活プロデュースを手掛ける大塚寿さんによる、カップルに向けたアドバイスがたくさん紹介されているのが『1万人の失敗談からわかった夫婦の法則 ビジネスパーソンのための結婚を後悔しない50のリスト』(ダイヤモンド社)。
本書には結婚前だからこそ知っておきたい、ケンカになったときに終わらせるポイントが載っていました。

「どちらが正しい」かにこだわらない

「夫婦ゲンカに、どちらが正しいか、正しくないかは関係がありません。どちらが正しいかの結論を下すことなど意味はないのです。」
(本文より抜粋)

つい先日、彼とケンカしたばかりの私。「どっちがごはんを炊くか」というしょうもない理由で「8:2でオマエが悪いっ!」などと言い争いに…(笑)。
結局30分くらいでおさまりましたが、ケンカは勝っても負けても疲れるだけ。長引くほど時間もムダになるしデメリットしかないな~と実感しました。

ケンカの「終わらせかた」を決めておく

『いかなる理由があっても、必ず「次の日には持ち越さない」とか「旦那さんが謝る」という終わらせるルールを決めておけば、意外と大事にはいたらないと、うまくいっている先人たちも口を揃えます。』
(本文より抜粋)

長くつきあっていけば1年に何回かはケンカをしてしまうもの。
お互いがムキになって何日も口も聞いてない…なんてことにならないよう、あらかじめ『相手が謝ったら、10秒以内に片方も「ゴメン」と言う』『片方がアイスを買ってきたら仲直り』など、ふたりの間でルールを決めておく方がよさそうですね。

早く仲直りするには女性が大人になることかも

一度ケンカになったら、プライドが高い男性はなかなか自分から折れにくいもの。よっぽどのことがない限り、女性からの「ごめんね」の一言でその場が救われることもありそう。
この先も関係を続けたいと思えば、ひとつひとつのケンカはたいした事じゃないんで、話がややこしくなりそうだな~と感じたらサッとあやまったほうがいいかもしれませんね。
何年経っても変わらない、仲良しカップルを目指しましょう!
woman’s hands image via Shuttertstock


(グリッティ)記事関連リンク
マンネリ打破に! 3つのデートスポットでドキドキが復活
若い男性が、5歳以上年上の女性に惹かれる3つのポイント
海外の恋愛上手は、あえて手書きカードを使って彼をドキドキさせている♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP