ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【USAレポート】 2015年春日本上陸! 元祖「クロナッツ」の本店に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫
DSC_2122

日本にも上陸して大人気となっている新感覚ドーナツ「クロナッツ」。その発祥となった店は、ニューヨークにある。ソーホーの「ドミニク・アンセル・ベーカリー」で、2013年春から販売する。このクロナッツが爆発的な人気となって以来ずっと、開店前から長蛇の列で即完売すると聞き、なかなか足を運べないままだった。最近はどうだろうと思い、ふとお店を訪れてみた(2014年11月)
平日の昼前だったものの、店内には人が多く、さすが人気店なのは健在。そして、店内のディスプレイでクロナッツを探すと、見あたらない。平日朝8時から営業しているので、さすがに遅かったかと思いながら、ダメ元でスタッフに「クロナッツ、ありますか」と聞くと、「あぁ、ちょうどラスト1個だけあるよ」と、カウンターの後ろに置いてあったのを出してくれた。超ラッキー!
クロナッツの価格は、1個5ドル(約600円)。ドーナツ1個で600円となると、円安の影響もあるが、とても安くはない。それでも「クロナッツを1個でもゲットできた」という充実感でいっぱいだった。
肝心の味はというと、クロワッサンとドーナツを組み合わせたというだけあって、歯ごたえは独特のサクサク感、甘さもニューヨーク基準からすると控えめといえる。そして、見た目以上にボリュームがあり、1人で1個食べるとけっこうお腹いっぱいになる。2人でシェアするとちょうど良いサイズかもしれない。
ドミニク・アンセル・ベーカリーにはその他にも、ニューヨークらしいスイーツがディスプレイに並ぶ。店内でイートインもでき、季節がいい時期は庭園を望むテラス席もおすすめだ。
なお、ドミニク・アンセル・ベーカリーは2015年春、東京・表参道に日本1号店をオープンする予定。こちらも長蛇の列覚悟になりそうだが、話題のクロナッツ、発祥のショップでぜひお試しを。
DSC_2106

Dominique Ansel Bakery 公式サイト(英語)http://dominiqueansel.com/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【USAレポート】ノリータの人気「ベーグル」店でお手軽ニューヨーカー気分
【USAレポート】シアトルで食べた「Udon Soup」は日本のうどんとまったく違った!
日本進出の「ザ シティ ベーカリー」 NY本店に行ってきた

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。