ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

麻原彰晃収監の東京拘置所 見上げて何か唱える若い男女も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 地下鉄サリン事件発生から20年がたった。東京都葛飾区・小菅にそびえる東京拘置所の巨大な建物の周囲には、コンクリートの高い壁が張り巡らされている。今年に入って、その付近で不審な動きをする若い男女の姿が、複数の公安関係者によって確認されている。彼らは、時折拘置所を見上げて手を合わせ、ブツブツと何かを唱えているという。

「これは教団で“聖地巡礼”といわれている。彼らは今も教祖・麻原彰晃(松本智津夫・死刑囚)を崇拝する信者たちだと我々はマークしている」(警視庁公安部関係者)

 公安調査庁関係者によれば「拘置所周辺に住居を構える信者もいる」という。

 オウム真理教は2000年に教団名をアレフと改称したが、麻原の絶対的崇拝は変わらず続いている。麻原の60歳の誕生日にあたる今年3月2日には、全国各地の教団施設で「生誕祭」が開催された。昨年の生誕祭では、幹部が「尊師の手となり足となり、尊師が抱く救済計画を進めなければならない」と説法したとも伝えられる。

 公安調査庁発行「内外情勢の回顧と展望」によれば、東京都足立区にあるアレフ最大の施設には、麻原の肖像が掲げられているという。

※週刊ポスト2015年4月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
麻原彰晃 「三女を含め4~5年誰も面会できていない」の証言
オウム「はぐれ残党」再武装化と「麻原奪還計画」を当局警戒
麻原彰晃 死刑執行のXデーとして逮捕日の5月16日説も浮上

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP