ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風来坊の力也 北海道から九州まで2400kmヒッチハイクの旅 14日目「島根」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

風来坊力也のヒッチハイク旅
3月24日のLIVE放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv214990691

風来坊力也の旅日記

鳥取県からヒッチハイク再開。
日本海を眺めながら徒歩で道の駅を目指す。
「因幡の白兎」で有名な地へ向かう。

天候は心地よく、風が優しい。
ところが体調がおかしい、全身にダルさが抜けない。
これまで健康でやって来れたが、病気になってしまったらこの先の旅の続行が難しくなる。
風邪だろうか、それとももっと深刻な病か。
結果、腹が減っていただけと分かる。
ここ2目、パン耳しか食べていなかった。
今日は奮発してガッツリ飯を食う事に決めた。
白兎海岸に到着。
「白兎ヘルスランド手打ちうどん」
この店が大正解だった。

旨い!麺はモチモチ柔らか麺、自家製で1本の長さが30cm以上もある。
1本啜ると口一杯にうどんが頬ばれる。
スタミナうどんを注文、白菜ネギかまぼこ玉ねぎ豚肉、味が渾然一体となりダシに溶け込んでいる。
ダシ汁を啜れば啜るほど止まらなくなる。
店長の粋な計らいもあって大盛りにしてくれたスタミナうどん、汁まで全部飲み干して、ごちそうさまでした…とはいかず、更に追加注文する。
続いて肉そば、おにぎり4つと、胃袋が要求するだけ食って食って食いまくる。
腹パンパンになりようやく元気がみなぎってきた。
ありがとう、ここのうどんに救われた、また食べに行きたい。

8時間後ようやくヒッチハイクに成功する。
ドライバーさんが「名探偵コナン」原作者の故郷に連れて行ってくれた。
鳥取県は他に水木しげるなど、有名漫画家がおり、一大漫画県にするという計画があるそうな。
空港の名前も「鳥取砂丘コナン空港」に改名、あちこちコナンがいた。
今の若い世代、コナンと言えば名探偵だろうが、自分世代にとってコナンと言えば未来少年だ。
宮崎駿の名作アニメーション、こっちのコナンも忘れないでほしい。

本日の目標、島根県に到着。
今日はここで野宿する。
外で寝るのももう慣れた、寝袋暖かい。
眠りにつくとすぐ、起こされる。
島根県警の方達だ。
島根の警察は優秀且つ親切で
「ここで野宿?今日は寒いから駅前が良いよ」
と移動を促してくれた。
眠い目をこすりながら駅前に向かう。
ところが駅前で野宿出来そうな場所がない。
駅の中にも入れず、野宿ポイントを探しウロウロする。
バス停のベンチを発見、ここでしばらく休む事に。
椅子に座るとすぐに寝てしまう。
しかし荷物が心配になり目を覚ました。
朝9時ようやくカフェが開店、コーヒーを注文し椅子に座ってすぐに寝る。
なるほど、町中で野宿は難しいのだ。
明日の出発は少し遅らせよう、眠い。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「風来坊の力也」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP