ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーロラを見るためにカナダを訪れ、マイナス36度の世界を体験しました(ガジェ通旅ライター:TOMAKI)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「寒い」というより、「痛い」!

カナダ極北のユーコン準州にある、エリック・ニールセン・ホワイトホース国際空港に降り立ったときの気温はマイナス23度。露出している顔や首筋に、外気の寒さが突き刺さります。呼吸をしようと息を吸い込むと、あまりの寒さに肺が拒否反応を示して、咳き込んで咽るレベル。

『オーロラ王国ブロガー観光大使』として、カナダ観光局から選ばれて、カナダオーロラの旅をしたのは2013年12月。
オーロラと言えば北欧を思い浮かべるかもしれませんが、カナダも世界中から観光客が集まる、人気のオーロラ観賞地です。
シーズン中は、3泊滞在すれば9割の確率でオーロラが見られると言われています。もちろん、私が滞在した5日間の旅行中も、しっかり3日間オーロラを堪能することができました。

ホテルからバスでオーロラの観測地へ向かい、焚き火やテントの中で時折身体を温めながら、夜空に巻き起こる大スペクタクルを観賞します。肉眼で見るオーロラは、どちらかというと淡い乳白色に近く、写真にありがちなどぎついネオンカラーとも少し違って見えました。
本当に、吸い込まれるような、神秘的で荘厳な光。雪の上に寝転がって、手足がジンジン痺れてくる感覚を味わいながら、オーロラをしばらく見上げていました。雪山で遭難するって、こんな感じなのかなー、とか妄想しながら。

まぁ、寒くて我慢できなくなって、すぐにテント小屋のストーブへ温まりに行きましたが……。

ホワイトホースに訪れ、オーロラを観賞した初日の夜、気温はマイナス36度だったということを帰り際に聞きました。
吐く息で睫は凍るし、まるで北極や雪山の探検家にでもなったような気分でした。

デジタルカメラのバッテリーがすぐに凍りついて使えなくなってしまったので、初日はほとんど写真が撮れませんでした。
二日目以降、どうやってバッテリー切れを解決したかは、また別途記事に書きます。

普段日本で生活していて、マイナス20度や30度なんて体験できないので、このカナダ旅行は良い経験になりました。
オーロラ観賞はパックツアーなどもあるので、「一生に一度」と気構えずに、思い切って行ってみると楽しいですよ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
# 旅ライター

※この記事はガジェ通ウェブライターの「TOMAKI」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。