ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

痩せと白い歯が同時に手に入る「ホワイトニングダイエット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


歯の美白に興味を持ってから、アメリカのホワイトニング剤、歯科でのオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなどいろんな商品を使ってみました。
結局、効果が確実でランニングコストも安く、ラクに続けられたのが、歯科で作ってもらったマウスピースを用いたホームホワイトニングでした。
歯を白くしたいと思ってはじめたところ、意外とこれがそのままダイエットにもつながったんです。ホワイトニングを通して自然とできちゃうダイエットポイントを紹介します。

夕食後、いっさい食べなくなる

一般的なホームホワイトニングとは、歯科で作ってもらったマウスピースに専用の薬剤を塗り、それを1日2時間ほど装着するというもの。
これを夕食後~寝る前の時間に行うんです。
夕食後すぐにハミガキしてマウスピースを装着してしまえば、否が応でもその後ダラダラ食べ続けることがなくなります

朝食はヨーグルトのみに

ホワイトニング後の最低12時間は、歯の表面の唾液でできた保護膜(ペリクル)が剥がれているため、通常より着色しやすい状態なんです。
よって翌日の朝食時も色の濃い食べ物や飲み物はNG
私は、ホワイトニング中の朝食は自然と、ヨーグルトのみになりました。 

普段の行動が変わる

歯に透明感が出てくると、それをキープしよう! というモチベーションが生まれます。
すると普段からごく自然に、カレー、醤油系、ソース系など色の濃い食べ物(色の濃いものは大概味も濃く、食欲が増える)を避けるようになるんです。
また、食後すぐにハミガキするようになるので間食も減ります
私は1~2週間、毎日ホームホワイトニングを続けることで、歯のくすみが抜け、透明感が出たと実感。その後は月1回メンテ感覚で行うことで、よい状態をキープできています。
1日で一気に白くはならないので、出会いが増える新年度に向け、いまからはじめるのがおすすめです。
衣装協力/レースブラウス・ストライプサロペット(JugeETTA/ジュジュエッタ)、パールカチューム/ステラハリウッド)、ピアス(GRL/グレイル)


(グリッティ)記事関連リンク
上質な色気のある女性が、休日にしていることとは?
毛穴の黒ずみにも。飲んで効く「スーパービタミンE」に注目
いい春を迎えるために、極上の美女たちがやっていること

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP