ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モロッコの魔法にかかったYUKAさんの「自分を感じる旅」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
以下YUKAさん

YUKAさんは右から一人目

TRiPORTライターのKANAです。
今回のインタビューはモロッコ虜になったというモロッコ雑貨店のオーナーであり、旅作家のYUKAさん。モロッコの魔法にかかったYUKAさんに、さっそく「旅に出て考え方が全く変わった!」という旅の素晴らしさについてお話をお聞きしました。

新しい発見を求めて世界へ

—まずプロフィールをおしえてください。

神戸在住で、モロッコ雑貨店「FatimaJourney」を経営する傍ら、旅作家、モデルの仕事をしています。旅書籍は2冊、「I LOVE EUROPE 女ひとり旅」「I LOVE MOROCCO」を出版しました。その他は「モロッコナイト」など、企業とコラボして旅イベントを開催したり、様々なエキゾチックセミナーを主催したりしています。

—旅に出ようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

社会人になってから、ロンドンに一か月間海外留学したんです。日本から一歩出た外の世界は、日本と何もかも違っていて、旅の虜になってしまいました。そこで「日本にとどまってちゃだめ! 旅に出なきゃ!!」と感じ、その次はカナダに一年半留学をしました。2、3か月かけてヨーロッパを一周したこともあります。もともとはヨーロッパが好きだったのですが、初めて行ったモロッコがかなり刺激的でしたね! ヨーロッパとは空気感が全く違うんです。それからモロッコの虜になってしまい、何度も訪れています。

1

—どのような旅のスタイルで、何を大切にしながら旅をしていますか?

一番大切にしているのは「女性らしさ」です。旅だからといって、すっぴんで髪の毛もぼさぼさなんて嫌。キレイで快適な、気持ちも豊かになるような旅が好きです。一人旅でも少し頑張っていいホテルに泊まって食事をしていると、テンションも上がって次の仕事も頑張ろうと思えるんです。

ー旅中くつろいでいる時に、仕事の良いアイデアが思いついたりしますよね。「アイデアは移動距離に比例する」なんて言葉もよく聞きますが、どう思われますか?

その通りですね! 旅に出ると常に新しい発見ばかりです。だからこそ日本にとどまっていたらダメだなと感じています。

4

人との繋がりを大事にするモロッコ

ーモロッコの文化や人々に対してどう感じますか?

人も文化も、日本とは全く違って、むしろ真逆とまで言えるかもしれません。表現の仕方がストレートでオープンなんですよね。「うざい国だ」とも言われてしまうほど、イエスかノーをはっきりと言うし、女性同士でも道端で掴み合いしてたり、相手の機嫌をうかがうこともないんです。しかし裏を返せば、正直に付き合いたいっていう人柄なのかなと思います。これが人間の素の姿なのかなと。

人との繋がりを大事にしているとも感じます。けんかした後にハグしたり、友達同士で手を繋いでいる人や、いい人も大勢います。バスでたまたま隣合わせになった人と話すことも日常茶飯事。日本人が珍しいからなのか、興味持って話しかけてくれる人も少なからずいて、出会いもたくさんありました。

8

ー海外だと電車やカフェでの出会いも少なくないですが、日本だとあまりないですよね。個人的にはそれがすごく残念です。旅で何か感動したエピソードはありますか?

あ! 泣きそうなほど感動した出来事がありました! あるタクシーに乗った時に、明らかなぼったくり料金を提示してきたので、けんかになりました。私は「もう払わないから!」と怒ってタクシーを降り、街を歩いていました。そしたら大事なカメラをタクシーに忘れたことに気が付いて…。旅での写真と思い出ががたくさん詰まったものだから、もう半泣き状態で慌てふためいていました。

そしたらなんと、さっきのタクシーの運転手が、人ごみをかきわけて私のことを探し出して届けてくれたんです! もう、その時の感動といったら…。けんかして降りたにも関わらず、しかもその忘れたカメラは売ればかなりの金額になるのに、仕事を中断してまで私を追いかけてきてくれたことに胸がいっぱいになりました。

3

自分で見聞したことが全て

ー旅に出て得た新しい価値観や成長はありますか?

旅に出る前は、日本の考えや価値観が当たり前だと思っていました。しかし一歩外の世界に出てみたら、それは当たり前でなく、何もかもが違っていたんです。様々な人々、人生、考え方があって何が正解で何が間違っているとかではありません。それぞれ一人一人が違う考え方を持って生きていて、それでいいという考え方になりました。視野が広がりましたね。

ニュースなどで、国の情勢が報道されていますが、それを鵜呑みにするのはどうかなと思います。なぜなら自分で現地に行って、見たり聞いたりしないと真実なんてわかりません。どこの国が悪いとか正しいとか、そういうことは現地に行って体感して、初めてわかることなんです。大げさに報道されていることも、中にはあります。自分の目で見ていないものを100%信用することはできないと思います。

TRiPORTでも、先日イスラムの偏見についての記事が公開されたんです。

イスラム関係の報道については、色々と考えさせられるところがあります。イスラム教全員が悪いわけではないのに、ネットや報道を見ただけでそれだけが真実と思いこんでしまったり、勘違いされてしまったりするのは残念ですよね。

7

旅で新しい自分になる

ーYUKAさんはなぜ何度も旅に出るのですか?

毎回旅に行くごとに、「こんなことあるんだ!」と新しい発見の連続だからですね。考え方も価値観も変わり、自分が入れ替わります。旅行記や旅関連の記事は、書いている人の解釈や主観が入っているので、自分の目で見て経験することが大切だと思います。旅に出るきかっけとして、本や旅行記はぴったりだとは思いますが。

ーネットで見るのと実際に行って経験するのとでは全然違いますよね。体感してやっと自分のモノになるというか。

本当にそうですね。日常生活では時間に追われがちなので、旅に出て、いろんな景色を見て、いろんなことを感じて、自分自身を見つめ直す時間や経験は、どれだけお金がかかっても、何ものにも代えがたいものです。さらに言うと、旅先で日本人同士で固まっていても、「自分で感じる旅」はできないですね。

ー旅では日常でのしがらみから解放され、素になれますよね。そうした時に、本当の自分の姿や、やりたいことが見えてきたり…。

旅は私の人生において、「考え方を変えてくれたもの」です。日本しか知らなかった時とは価値観がまるっきり変わりました。人が好きになったし、「一人一人にいろんな人生がある」と思うようになりましたね。自分自身や感性を見直すためにも、旅はなくてはならないものだと思います。あと旅のことを考えてるときが一番HAPPY! まさに元気の源かな!

6

ー最後に世界へ飛び出したことがない人へメッセージをお願いします。

一歩踏み出して外に出ると、今までと違う何かが必ず見つかります。様々なことが違うように見えてくるし、新しい発見をたくさんすることで自分がアップデートされます。私は、旅に出て人生がいい方向に変わり、人との繋がりや考え方も変わりました。

仕事ももちろん大事です。しかし人生は一回きり、二回目はありません。行きたいと思った時が行くべき時だと思います。日本を飛び出し、新しい世界を見て、旅の楽しさを体験してください!

YUKAさんの書籍

YUKAさんの書籍

YUKAさんと筆者

YUKAさんと筆者

[YUKA:BLOG「Love My Life ☆
Fatima Journey ディレクター。旅行作家・モデル。カナダとイギリスに留学後、関西をメインにモデルとして数々のファッションショーやスチール、ラジオなどで活躍。モデルをする傍らバイヤーとしてヨーロッパ各国を訪れ旅の魅力にハマり、趣味のカメラを片手に世界各国をひとり旅。現在は神戸にモロッコ雑貨アトリエ&SHOPとしてFatimaJourney(ファティマジャーニー)をオープン。FatimaJourneyのディレクターとして、商品プロデュースにも力を入れオリジナルポーチやバブーシュをデザインしたり、SHOPという枠にとらわれず、旅本執筆や旅をテーマにワクワクする楽しいことを発信する場として、アラビア語お茶会やヘナワークショップ、旅人ナイト×モロッコナイトパーティー、エキゾチックモロッコナイトパーティーなど素敵女子が集まる面白いイベントやセミナーを様々な人や企業とコラボして企画&開催。旅の魅力を伝えたいという思いから旅本を出版し旅行作家としても活動。著書にI LOVE EUROPE 女ひとり旅(プレスセブン)。最新刊はおとな女子旅向けのモロッコ旅本 I LOVE MOROCCO(メディアイランド)を出版。]

(◆ライター:KANA「HOTな海外オシャレ旅LIFE」「TRAVEL PHOTO集
1か国に1か月ずつ暮らす旅をするトラベルフォトライター。「お金のかからないオシャレ旅」を提案。ガイドブックには載っていないHOTな場所を記事やブログで発信。)

人気急上昇中のモロッコ!旅好き女子が魅了される納得の理由
隅々まで行きたい、熱気あふれるエキゾチックな国「モロッコ」の5つの魅力

モロッコの旅行記

*Hideki Tanaka「モロッコ:アーティストを魅了する国
*Mayu「COUNTDOWN IN MOROCCO
*Ryo Aita「謎の国モロッコ!なんなんだこの国は!聖都ムーレイ・イドリスを訪ねる【Vol.1】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。