ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】リニューアルで機能刷新!無料絵本アプリ「PIBO」の楽しみ方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幼い子どもにとって、絵本の読み聞かせは、お母さん、お父さんとの絆を育む大切な宝物。豊かな心を養うためにも、積極的に実践したいところだが、忙しさのあまり図書館に行けなかったり、金額が高くてなかなか買えないなど、十分な読み聞かせができずに悩む人も、数多くいるようだ。

そんなときこそ、ITの力を借りてみよう。今はスマホで簡単に利用できる絵本アプリが、豊富にそろっている。最適なコンテンツを見つけて、毎晩の読み聞かせに役立ててみてはいかがだろうか。

今回ご紹介するのは、320冊を超える絵本が、1日3回無料で楽しめるという「PIBO(ピーボ)」。日本の昔話や世界の童話、オリジナル作品に書き下ろし作品まで、多彩なコンテンツが自慢。子育て中のユーザーを中心に、絶大な支持を得ている。

今月初頭にリニューアルされ、ますます使い勝手が良くなった本アプリ。開発元であるエバーセンス、代表取締役社長の牧野 哲也(まきの てつや)氏から、詳しい話を聞いた。

・ハイクオリティな絵本が320冊以上!有料会員は読み放題に

Q1:まずは、「PIBO」提供のきっかけと経緯からお聞かせください。

共働きの家庭が増えていることもあり、子どもと一緒に過ごす時間が十分にとれない、と悩んでいる方が多いですよね。私自身、子育てをしていく中で、同じように悩んでいました。たとえ短い時間でも、親子が濃密な時間を過ごせたら素敵だなという、そんな想いから「PIBO」を作ることになったのです。

絵本を選んだのは、読み聞かせが親子が触れ合うのに、最良な方法の1つだからです。寝る前に、絵本を読み聞かせてあげている方も、多いと思います。

ただ、忙しいパパママの中には、「本を買う時間がない」「図書館に行く時間がない」など、絵本を読むことへのハードルが高い人もいるわけです。いつでも、どこでも、手軽に、クオリティの高い絵本が読めるサービスを提供すれば、親子が楽しくコミュニケーションをとれるのかな、と考えたのが、開発の理由です。

Q2:「PIBO」とは、どんなサービスなのでしょうか。

320冊以上のクオリティの高い絵本が掲載されていて、読み放題の有料会員と、1日3回読める無料会員があります。

一番の特徴は、絵本のクオリティです。150名以上のプロ絵本作家と直接契約し、ユーザーに届けていますが、実は絵本作家さんの年齢は20代から90代までと、とても幅広いんです。ジャンルも、日本昔話やグリム、イソップなどの海外童話から、オリジナル絵本まであり、作風もデジタルから油絵、水彩などのアナログまでさまざまです。読むのはもちろん、選ぶ楽しみもありますよ。

Q3:今回のリニューアルでは、どのように変わったのでしょうか。

子供自身が絵本を選びやすいように、画面のデザインを刷新しました。また、もっとたくさんの親子に絵本を読んでもらうため、1日3回まで、無料で絵本を読めるように、フリーミアムを導入しております。

・子どもたち自身が自由に世界観を作れるサービス

Q4:他の絵本アプリとの違いは、どんなところにあるのでしょうか。

大きく2つあります。1つは、BGMやアニメーションがないこと。もう1つは、読み上げの音声にあえて抑揚をつけず、一人で1冊全部読んでいることです。

これらが余白を生むのですが、子供の想像力は無限大で、余白があることによって、自分自身で世界観を作っていきます。「PIBO」は、私たちの世界観を提供しているというよりも、子どもたち自身が好きな世界観を創ることができるようなサービスをめざし、設計されています。

Q5:今後の展開について、教えてください。

今後はさらに、ユーザーが使いやすいサービスにしていけるよう、UIの改善や機能拡張をしていく予定です。また、引き続き毎週新作の絵本を追加し、絵本の図書館のような空間を作っていくつもりです。親子で一緒に「PIBO」を利用して、楽しくてすてきな時間を過ごしてください!

電子絵本読み放題のPIBO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP