ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカ、音楽ストリーミングがCD売上を上回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

いよいよアメリカのデジタル音楽に変革期が到来。2014年は音楽ストリーミングがCD売上を初めて上回る

アメリカ・レコード協会(RIAA)が18日、2014年の音楽市場の売上データを公表しました。

2014年の市場価値は69億7000万ドル(約8432億円)。2013年から0.47%の微減でした。しかし昨年の大きな変化は、「音楽ストリーミングサービス」からの売上急成長でした。

2014年の売上シェア別に見ると「デジタルダウンロード」は2013年の40%か37%、「フィジカル」は35%から32%にそれぞれダウン。一方で「音楽ストリーミング」は21%から27%と大きく躍進した年で、デジタル音楽の消費が徐々にダウンロードする「所有」モデルから、ストリーミング再生する「アクセス」モデルに変化しています。

音楽ストリーミングがCD売上を上回る

ダウンロードや音楽ストリーミングを含むデジタル音楽の売上は、前年から1億4000万ドル(169億円)伸び、総額45億ドル(約5444億円)。2013年の43億7000万ドルから3.2%成長を記録しました。

CDやアナログレコードなどフィジカルの売上は5.9%減少し、21億3000万ドル(約2579億円)。

細かく見てみましょう。分野別で最も大きく成長したのは、音楽ストリーミングサービスからの売上。前年から29%成長して、18億7000万ドル(約2262億円)となりました。

音楽ストリーミングサービスの分野では、SpotifyやBeats Musicなど月額料金を支払う「サブスクリプション」モデルのサービスにおける有料ユーザー数は150万人がプラスとなり総数770万人。売上高は2013年の6億3900万ドルから26%伸び、7億9900ドル(約969億円)まで成長しました。

またYouTubeやSpotifyのフリーバージョンなど「広告」モデルの音楽ストリーミングからの収益は34%アップ伸び、2億9500万ドル(約357億円)でした。

iTunesなどデジタルダウンロード売上は、8.7%と大きくダウンし、25億8000万ドル(約3125億円)でした。アルバムダウンロードは6.6%、トラック・ダウンロードは10.1%減少で、トラックの売上が急速に減少していることが分かります。

CD売上は12.3%の二桁減少で18億5000万ドル(約2240億円)。この結果、アメリカの音楽史上、初めて音楽ストリーミングの売上がCD売上を上回りました。

アナログレコード売上は、なんと50%増加! 3億1500万ドル(381億円)の売上高でした。アナログレコードはフィジカル音楽売上で14%の市場シェアを記録、これは1987年以降で初めて2桁のシェアを獲得した年となりました。全体の市場では4.5%のマーケットシェアでした。

約70億ドル(約8432億円)の市場価値となったアメリカの音楽市場ですが、ナップスターなどP2Pファイル共有システムが普及する以前の1999年に記録した146億ドルと比べて、約半分の規模です。

現状を見ると、音楽ストリーミングサービスからの収益が大きく、消費者の音楽の聴き方から、レコード会社など業界の収益モデルまでが、変わろうとしています。来年にはアメリカ全体でストリーミングの売上高が20億ドルが超える勢いで成長すれば、デジタルダウンロードを完全に抜き去ってしまうでしょう。

今年はメジャーなレコード会社だけでなく、インディーズレーベルやアーティストにとっても、この変化にどう対応するかが問われる年になりそうです。消費者が音楽ストリーミングを求めるようになればなる程、サービスの付加価値が問われます。価格帯やサービス形態、ロイヤリティ分配など、新しいモデルを一日でも早く作り、業界と消費者が音楽ビジネス市場を成長させられるか、アメリカのデジタル音楽が今年は大きな変革期を迎えています。

*1ドル=121円換算

■記事元http://jaykogami.com/2015/03/10916.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman.net
カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP