ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スウェーデンなど北欧ストリーミング先進国、音楽売上回復が足踏み

DATE:
  • ガジェット通信を≫


IFPI(国際レコード産業連盟)Swedenが発表したデータによると、2014年のスウェーデンの音楽売上は前年比マイナスとなった。

2013年の売上が9億9,120万SEK(スウェーデン・クローナ)(約137億7,110万円 ※1SEK = 13.89円)だったのに対し、2014年は0.4%減の9億8,710万SEK(約137億1,413万円)と僅かに前年を割り、ここ数年見せていた回復基調の勢いは一旦落ち着く形となった。

世界でユーザーを増やし続けている音楽ストリーミングサービスSpotify発祥の地として、世界で最も先鋭的にストリーミングへの産業転換が進んでいるスウェーデン。その効果によりここ3年は売上を順調に回復させていたが、2014年はフィジカル(CD・音楽ビデオ)やダウンロードの大幅な売上減が響き、ストリーミングは引き続き成長したものの、前年を下回る結果となった(下図)。

スウェーデンの音楽売上推移

また、スウェーデンと同じくストリーミングが市場の大半を占めるノルウェーやフィンランドも、スウェーデンと同様の市場推移の傾向が見られ、デジタルは順調に成長しているもののフィジカルが落ち込み、全体としては前年比マイナス(フィンランドに至っては約4,180万ユーロから約3,590万ユーロへとおおよそ14%減)となった。

ノルウェーの音楽売上推移

フィンランド2013年の音楽市場

フィンランド2014年の音楽市場

さらに、2014年にiTunesの売上をストリーミングが初めて抜いたフランスでも、全体の音楽売上では2013年の6億320万ユーロから2014年は5億7,060万ユーロへと5.3%ダウンしている。

一方で、CDの減少を僅かにとどめたまま、ストリーミングが大幅に成長した世界音楽市場第3位のドイツ(音楽売上の75%をCDが占める)は前年比プラス1.8%の成長となっている。

ソース:
http://www.ifpi.se/dokument-och-statistik?cat=2014
http://www.ifpi.no/flere-nyheter/item/79-det-norske-musikkmarkedet-2014
http://musicnorway.no/number/ifpi-2014-sales-report-stable-turnover-domestic-music-market/
http://www.ifpi.fi/tilastot/vuosimyynti/2014/
http://www.snepmusique.com/actualites-du-snep/bilan-de-lannee-2014/
http://www.musikindustrie.de/presse_aktuell_einzel/news/deutscher-musikmarkt-2014/

関連リンク

IFPI Sweden
IFPI Norge
SNEP
Bundesverband Musikindustrie

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP