ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石橋凌のツアーファイナルにシナロケの鮎川誠がサプライズ参戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月20日、石橋凌が全国ツアー『Neo Retro Music 2015』のファイナル公演を東京・お台場Zepp DiverCityでおこなった。

今年の1月28日にリリースした、渾身の最新ミニアルバム『Neo Retro Music』からの新曲はもちろん、ARB時代の自身の作詞作曲による代表曲「魂こがして」、「喝!」、「Daddys shoes」など全26曲を披露。日本を代表する鉄壁のミュージシャン、池畑潤二〈Ds〉、渡辺圭一〈B〉、藤井一彦〈G〉、伊東ミキオ〈Key〉、梅津和時〈Sax〉に、ホーンセクション3名を加え、生で聴く音楽の楽しさを体現したステージだった。なかでも、日本、そして世界が抱える現状をストレートに描き出す新曲「Rock’n Rose」、そして、今年は戦後70年。心の復興を歌う英語バージョンの「AFTER’45」が印象的に鳴り響いた。

サプライズはダブルアンコールで起きた。石橋のMCによって「ツアーのリハーサル中に悲しい知らせがありました。シーナ・フォーエバーでね……。皆さんの心の中にいつまでも輝き続けていかれる事を信じてます。ロケッツは健在です。誠さんは元気です。ギター鮎川誠!」。先日最愛の妻シーナを亡くしたロックバンド、シーナ&ロケッツの鮎川誠(66)を、石橋がスペシャルゲストとして呼び入れた。鮎川は「オレはいま世界で一番悲しい男やけど、凌が電話くれて一緒にロックンロールしようち誘ってくれた!」と叫び、スタンダード・ナンバー「Johnny B.Goode」、「STAND BY ME」、「MOJO WORKING」をプレイ。悲しみをロックンロールで昇華する友情が美しかった。

ラストは、日常への希望を込めてカバー曲「What a Wonderful World」を歌い上げ、ARB時代のロックナンバー「パブでの出来事」で締めくくった。最高のメンバーと最強の音楽を奏で、喜びを分かち合う石橋凌の笑顔が素敵な夜だった。

TEXT:fukuryu
PHOTO:渡邉俊夫

■石橋凌 オフィシャルHP
http://avex.jp/ishibashiryo/
■シーナ&ザ・ロケッツ オフィシャルHP
http://www.rokkets.com/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
シーナ&ロケッツ、シーナの追悼ライヴを下北沢にて開催
シナロケ、スカパラ、WHITE ASHがタワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP