ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏が解説 春のトレンドは鮮やかな黄色のポイント使い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春のファッションはいつも悩むもの。ファッションアドバイザーの植松晃士さんが、今年の春のトレンドについて解説してくれました。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう。

 思い起こせば、昨年の秋、私は「今年の冬はダウンを脱ぎましょうよ」という提案をいたしました。ここ数年続いたダウンコートの流行には飽き飽きだったし、トレンド的にもエレガントなコートに注目が集まっていたので。

 しかし実際は、東京の銀座あたりの一部でそういった波が見られたのを除き、全国的には依然として、ダウンコート一色だったようです。

 先日、風邪で訪れた病院の待合室でも、集った女性のほぼ全員が、黒いロングのAラインのダウンコートにブーツ。一瞬にして土偶の集会に紛れ込んでしまったのかと思ったほどです。

 ダウンコートは軽くて暖かいので、一度着たら手放せない気持ちはよくわかります。何より、妙齢の女性が下手に薄着して風邪をひいても困りますから。

 だけど、天気予報が「春」を告げたら、誰より早くダウンコートを脱ぎましょうよ。これだけでとてもおしゃれに見えるものです。高性能インナーを重ね着してでも頑張っていただきたい。

 さて、この春のトレンドはいくつかありますが、中でもおすすめしたいのが、黄色のポイント遣いです。

 黄色といっても中途半端なパステル系ではなく、バービー人形に着せたら似合いそうな鮮やかな黄色。菜の花カラーといえばわかりやすいでしょうか。

 洋服である必要はありません。ストールとかポーチ、時計、あるいはバングル(太い輪っかのようなブレスレットのこと)でも。たとえ小さな面積の小物でも、発色のいい菜の花カラーなら、インパクトのある差し色になるはず。

 小物だったら価格的にも手頃だし、若いお嬢さんたち御用達のお店をちょっと覗いてみたらいかがかしら。

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
滝川クリステルがダウンコートに身を包み英国車に乗り込んだ
元グラドル佐々木理江候補 銀靴&銀ダウン&緑ジャンパー姿
「メルトダウン」ではないとの発表には呆れたと大前研一氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP