ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ねじめ正一氏が食べ物へのこだわりを語るおいしいエッセイ集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ねじめ正一の商店街本気グルメ』ねじめ正一/廣済堂新書/899円

 実家が高円寺の商店街で乾物屋を営んでいた著者は、5回もカビをつけて作る「本枯節」を知り、食に関心を持つようになった。

 そんな著者が、食べ物へのこだわりと思い出を語ったエッセイ集。昔近所にあった愛川屋の少し甘いさつま揚げ。大村食堂のはらはらと崩れるチャーハン。祖母と三越デパート大食堂で食べたウエハース付きのアイスクリームなどのおいしそうな描写は、思わず食べたくなるほど。

 食べ物と誠実に向き合う著者の姿勢は、食とは何かを考えるきっかけになる。

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
各地のレトロ商店街やキャラクター商店街失敗例を検証した本
大阪の商店街 精肉店のポスターに女性のバストのアップ写真
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP