体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賠償金9億円“ブラード・ラインズ評決”の余波、T.I.にも広がる

 今月上旬にカリフォルニア連邦陪審がロビン・シックとファレル・ウィリアムスに対し、マーヴィン・ゲイの家族へ740万ドル(約8億8,800万円)の損害賠償金を支払うよう評決したが、その“ブラード・ラインズ判決”の余波として、現在、同一家は評決を“訂正”し、賠償責任にもう数組加えるよう求めている。追加されるのはユニバーサル・ミュージック、インタースコープ・レコード、スター・トレック・エンターテインメントなどをはじめ、同曲にフィーチャーされたT.I.も責任を問われることになった。

 今回の裁判について同ラッパー(本名クリフォード・ハリスJr.)は米ゴシップサイト“TMZ”に対し、「何が起こっているのかわからないよ。こんなことに巻き込まれるなんて本当に初めてだ。マーヴィン・ゲイが遺したものには称賛と尊敬しか持っていない。俺はソングライターでありクリエイターだっていう自覚があるから、音楽を作る時に誰かの創造性を盗んだりなんてしない。それは自分自身でわかっているし、常識的な人が聴けば誰だってわかるさ」と語っている。

 さらに、ロビン・シックの大ヒット曲「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ feat. T.I. & ファレル」についてT.I.は、「俺は正しいことをしたまでだから、疑いは晴れるだろう」と続けている。

関連記事リンク(外部サイト)

ボブ・マーリー絶頂期の貴重な未発表ライヴCD&DVD作品が登場 生誕70周年記念リリース
エリック・クラプトン 3枚組の新作ベスト『フォーエヴァー・マン』のリリース決定
“テイラー・スウィフト税”なるものが米ロードアイランド州に!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会