ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BEGIN、25歳の誕生日に地元・石垣島でワンマン「島に恩返ししたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

沖縄を代表する3人組バンドBEGIN。1990年3月21日の「恋しくて」のデビューから満25周年の記念日となる3月21日、地元・石垣島にある石垣市中央運動公園 屋内練習場特設ステージにてワンマンライブを開催した。石垣島でのワンマンライブとしては約6年4ヶ月ぶりとなる、この記念すべき日を祝う為、全国各地から約3000名が集まり、石垣島がお祝いムード一色に染まった。

デビューして四半世紀。沖縄の小さな島:石垣島から巣立った3人が、ブルース、島唄とともに、ハワイや今や地球の真裏:ブラジルの人々ともつながっている。25年前は想像できなかった世界が今、彼らの目の前に広がっている。今回のアニバーサリーライブは、地元開催という事もあって、「島に恩返ししたい、島で皆さんとお祝いがしたい」というメンバーの言葉通り、メンバーの同級生はじめ、地元の方々といろんな場面で“手作り”感あふれるアットホームなライブになっている。

開演の3時間前に“音楽公園”と称されたエリアを開場。メンバーがお勧めする、お付き合いの深いお店が軒を並べ、待ちわびたファンが、オリオンビールや八重山そば、オニササ(おにぎりと鶏ささみフライ)とオッポー(おにぎりとポーク(スパム)てんぷら)など地元の名物惣菜で腹ごしらえ。またBEGINがヤイリギターと共同開発した弦楽器“一五一会”教室も行われ、会場前でもファンは楽しんだ。

今回の記念すべきライブ会場に選ばれたのは、プロ野球のキャンプ地としても利用される石垣市内の屋内練習場。ステージ上には、さとうきびで作られた「BEGIN」の大きな文字。実は、BEGINメンバーの手作り。「デビューする時は3人だけだった」。当時を思い出しながら“自分たちの名前”を自分たちが育った地の慣れ浸しんだ名産物で作り上げた。会場にほのかな、キビの匂いが漂いなんとも“らしい”ステージが完成していた。

そんなBEGINが辿ってきた軌跡を追うような流れで、2部構成でのライブ。1部オープニングは、沖縄からはるか遠くカントリーの聖地:アメリカ・ナッシュビルでレコーディングした、まさに「NASHVILLE」からスタート。3人だけの抜群のコーラスワークが会場に響き渡り、この曲だけはピアノの上地等もギターを抱え、3本のギターでのパフォーマンス。これ以上ないくらいのお祝いムードの中、ライブスタート。

第一声は「みなさんようこそ、そしてただいま!皆さんのおかげで25周年をこの石垣島で迎えることができました。本当にありがとうございます!」会場からは割れんばかりの拍手が贈られた。

そこから自分たちの25年の1歩1歩を確かめるように、デビュー曲「恋しくて」、まさにその景色が石垣にある「防波堤で見た景色」、ライブでは欠かせない「オジー自慢のオリオンビール」や「涙そうそう」まで、まさに老若男女、そして会場全体が“一緒”に楽しめる内容で進行。また「イラヨイ月夜浜」では、高校の同級生で八重山の唄者“大島保克”とセッション。

そして1部本編最後に設けられた「いちゃりば結コーナー」。これは、比嘉栄昇のプロデュースで沖縄県の観光ソングとして誕生した曲「いちゃりば結」の石垣島バージョンを制作する為に3月19日、石垣市内で「第1回 石垣島結うた大会」が行われ、八重山ならではの歌詞を一般募集、入賞した人たちがそのステージ上に。なんとBEGINをバックに自身で結んだ歌を披露。入賞者は緊張した面持ちで、この瞬間、BEGINと一緒にステージを作り上げて、1部が終了した。

しばしの休憩を挟んで後半がスタート前半の“島”メインの雰囲気から、一気に海を渡った2部の1曲目は、沖縄からハワイへ渡った移民の方々に沖縄が戦後、助けられた実際の出来事をつづった“ウルマメロディ”をフラ(ハワイ)と琉球國祭り太鼓(沖縄)のコラボで華やかにスタート。

沖縄からハワイ・ブラジル色の楽曲をつないでいく。ブラジルへ渡った移民の方々のメンバーが実際に話を聞いて仕上げた「帰郷」、507号線までしかない国道に架空の508号線をイメージ、世界中どこにでも道はつながるんだ、という希望を込めた「国道508号線」、ブラジルの代表料理を題材にした「Churrasco(シュハスコ)」など、国は違えど沖縄から渡った移民の皆との心のつながりも背景に感じさせるラインナップ。

そして、マルシャコーナー。マルシャとはブラジルのサンバのルーツミュージック。BEGINも2013年はブラジルへ趣きライブツアーを行い昨年2014年はブラジルからミュージシャンをお迎えして自主イベント「マルシャショーラ」を開催。自身の曲を打楽器の2拍子のリズムに乗せてのマルシャアレンジ、会場全体をステージに見立て、大人も子供も縦横無尽に踊り出す。そしてマルシャテイストのオリジナル曲「バルーン!」では天井から1000個の風船が色とりどりに舞い、会場がさらに一体に。

本編最後は代表曲を「三線の花」「島人ぬ宝」を琉球國祭太鼓のみなさんで締めくくり、世界をめぐった旅から再び沖縄の地に舞い戻った。アンコールは3曲。「ボトル二本とチョコレート」は現地の中学生のブラスバンドとセッション、「かりゆしの夜」では会場中がカチャーシーで揺れたあとに、メンバーがそれぞれコメントした。

上地等「子供のころは石垣島って狭い島だなって単純に思うこともありましたが、今は石垣に生まれて本当によかったなと思います」

島袋優「同級生や先輩、後輩、いろんな人に囲まれて、外の屋台も手作りで作ってくれて、BEGINの3人はいろんな人に恵まれているなと、それとファンのみなさんにも恵まれているなと思います」

比嘉栄昇「この度、石垣島に住民票を移しました。25周年を祝うとともに、石垣島に帰ってくることができました。25年前は、テレビとかに出て、島とは違う人生が待っているんだなと思いましたが、今、振り返えると、都会の絵の具に一切、染まることができなかったなと思います。これから僕は、石垣島から全国ツアーに出かけます。島の若いミュージシャンの為にも、音楽を盛り上げる為にも僕らができることをやって行こうと思います。僕らは皆さんにとってもふるさとになるようなライブをこれからも作っていきます。どこに帰っていいかわからない時があったら、ここ(BEGINのライブ会場)に帰ってきてください」

そして最後の曲「パーマ屋ゆんた」。だれもが経験する“旅立ち”の中で、島を離れる主人公を見送る側、そしてその裏にある見送られる側の気持ちを交差させた切ない名曲。今日のコンサートが終わってしまう寂しさ、そして、今日、お集まりいただいた皆さんも、そしてBEGINのメンバーも新たに旅立つ気持ち、出発の瞬間を会場全体で共有できる、そんな大エンディングになり、予定を大幅に超え、4時間を超える25歳の誕生日ライブは幕を下ろした。

このワンマンライブ後、休む間もなく、25周年のキックオフともいえるメディアへの露出も多数決定している。3月29日には、25周年に至るまでの1年を密着した特番が BS朝日にて「ダイワハウススペシャルBEGINの音色旅団~デビュー25年目の真実~」がOA、その翌週4月3日には、テレビ朝日「ミュージックステーション3h SP」生出演、翌4日フジテレビ「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP 2015 直前SP」に出演が決定している。

BEGIN 25周年記念音楽公園~石垣島で会いましょう~ セットリスト
<1部>
1. NASHVILLE
2. 東京OCEAN
3. 恋しくて
4. いつものように
5. NO MONEY BLUES
6. 声のおまもりください
7. 防波堤で見た景色
8. イラヨイ月夜浜(w/大島保克)
9. 爬竜舟
10. 竹富島で会いましょう
11. オジー自慢のオリオンビール
12. オバー自慢の爆弾鍋
13. 涙そうそう
14. いちゃりば結コーナー

<2部>
15. ウルマメロディ-(w/フラチーム・琉球國祭り太鼓)
16. 海の唄
17. パナマ帽をかぶって
18. 帰郷
19. 国道508号線
20. 砂糖てんぷら
21. Churrasco(シュハスコ)
22. マルシャコーナー<このコーナーだけで約30分>
「太陽のチルドレン」~「流星の12弦ギター」~「バックミラーの潮騒」~「YOU」~「白い魚と青い魚」~「愛が走る」~
「誓い」~「風よ」~「OKINAWAN SHOUT」~「ハイサイCalifornia」~「ほほ笑みに続く道」
23. バルーン!(w/宮城姉妹. ブラスバンド)*未発表曲
24. 三線の花(w/琉球國祭り太鼓)
25. 島人ぬ宝(w/琉球國祭り太鼓)

~ EN ~
26. ボトル二本とチョコレート(w/石垣第二中学校ブラスバンド40名)
27. かりゆしの夜(出演者総出演)
28. パーマ屋ゆんた

関連リンク

BEGIN オフィシャルサイトhttp://www.begin1990.com/
BEGIN レーベルページhttp://www.teichiku.co.jp/artist/begin/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP