ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【すでに目標額の約3倍】慢性痛にサヨナラ!痛みを緩和するウェアラブルが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウェアラブルテクノロジーが活況を見せており、時計型、リストバンド型、指輪型、ヘッドセット型など、さまざまな形状のものが登場している。このところ、健康や医療の分野にもウェアラブルが導入されているようだ。

・慢性痛を緩和するウェアラブル登場

以前、慢性偏頭痛を防ぐヘッドバンド「Cefaly」を紹介したが、「Quell」もまたヘルスケアに役立つウェアラブルで、慢性痛を緩和するデバイスだという。米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けており、医師も推奨する本格派だ。今年開催された見本市Consumer Electronics Show(CES)で初披露され、現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催中である。

・スリムな設計で、ふくらはぎに着用

「Quell」には経皮的電気刺激(TENS)の技術が用いられている。これは痛みの治療として一般的なもので、痛みを緩和するために電気を流すというもの。普通、患者は治療の間、装置のある場所にじっとしていなければならない。ところが、この「Quell」はスリムな設計になっていて、スポーツバンドの下に挿入することができるコンパクトさ。ふくらはぎの上側あたりに着用する。治療しながらお出かけ、なんてことも思いのまま。

・脳に信号を送り、痛みを緩和する物質の分泌を促進

電極から肌、ふくらはぎの感覚神経へとダイレクトに働きかけ、脳へと信号が送られる。すると、信号を受け取った脳から指令が出され、人体がもともと持っている、痛みを緩和する働きが促進される。体内でつくられる“オピオイドペプチド”が脊椎内に放出され、痛みが和らげられるという流れだ。

・スマホからコントロール

このデバイスは痛みのレベルに応じて、刺激の強さを調節することが可能だ。Bluetooth 4.0で専用のアプリと連動し、スマートフォンからコントロールをおこなったり、これまでの履歴を参照したりできる。また、睡眠状況をモニターする睡眠トラッカーとしても使えるという。

・目標額の3倍に迫る投資資金

現在のところ、iOSのみに対応しているが、Android版も制作進行中とのこと。資金目標額10万ドルのところ、すでに29万ドルを突破している、大注目の「Quell」。興味がある人はお早めにチェックを。

Quell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP