ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第16回 『ピクサー流創造するちから 小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法』 〜映画という特殊な商品をビジネスとして成功させ、スタジオに活気をもたらすには、どうしたら良いか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

●彼らがピクサーとディズニーを成功させた理由

 ディズニー・アニメがこのところ絶好調だ。我が国においては昨年春の『アナと雪の女王』が、興行収入254.8億円をあげ、歴代ヒット作の第3位の座に輝いた。それに続いてこの正月に公開された『ベイマックス』も、目下興収90億円を突破。4月にはDVD、BDなどパッケージ・メディアを発売する告知もされたというのに、公開3ヶ月目を迎えた映画館では、未だ観客が詰めかけているという。

 『アナ雪』も『ベイマックス』も製作したのはディズニー・アニメーション・スタジオ。ウォルト・ディズニーが設立した、長い歴史を持つアニメ映画の老舗だ。だがこのスタジオは何度となく経営危機や作品の不調(クォリティの面でも、興行面でも)に見舞われ、数年前までは大きなスランプのただ中にあった。ところが2012年にアメリカで公開された『シュガー・ラッシュ』あたりから、作品的な評価が上昇、興行的にもヒットするようになり、ついには『アナ雪』『ベイマックス』の2作品が全世界で大ヒット(特に日本市場での成績が突出している)し、この2本がアカデミー賞の長編アニメ映画賞を受賞するという、まさにディズニー・アニメの新時代を築き上げたのであった。

 ディズニー・アニメーション・スタジオがここまで大成功を収めたことに貢献したのが、ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOボブ・アイガーのもとで、現在スタジオの経営に携わっているエド・キャットラルとジョン・ラセターのふたりである。そのうちキャットラルが、ジャーナリストのエイミー・ワラスと著したのが、この『ピクサー流創造するちから』である。タイトル通り、キャットラルとラセターが、ルーカスフィルムの一部門だったピクサー・アニメーション・スタジオで培った、様々なシチュエーションを通して得たノウハウを、当事者自身が語るスタイルをとっている。世界初のCGアニメ映画『トイ・ストーリー』を製作し、大ヒットを記録。以後ピクサーは『バグズ・ライフ』『ファインディング・ニモ』『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー2』と大ヒット作を連発するのだが、2006年になってオーナーのスティーブ・ジョブズが同社をディズニーに売却。以降キャットムルがディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー両社の社長に、ジョン・ラセターはチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任。時代に乗り遅れた感じのアニメ・スタジオに、往年の勢いを取り戻すことに成功した。

 本書はふたつの点において、興味深い書物である。ひとつは新しいテクノロジーで作られたアニメ・スタジオが、いかに映画産業の一角に食い込み、そこで存在感を増していくか。そのプロセスが語られていること。もうひとつは、キャットムルとラセターが、いかにして老舗のディズニー・アニメーション・スタジオに活気を取り戻し、それが作品のクォリティ・アップと大ヒットに繋がったかが描かれていることだ。

●映画会社を舞台にしたビジネス書でもあるのだが…

 本書の面白さは、そうした映画ビジネスの実態がリアルに描くことで、ピクサー作品やディズニー・アニメに興味のある読者の好奇心を充たしてくれる。映画業界について、さほどディープな知識がなくても、たまたま映画という商品を扱っているだけの、ひとりの経営者のサクセス・ストーリーとして読んでも面白い。
 だがしかし、この本を「ビジネス書としても素晴らしい」と評価する声には、正直、疑問を感じてしまう。

 私ごとになるが、僕がビジネス書の類いを読んでいつも感じるのは、事業に成功した手柄が、すべて経営者のものになっている。そうした傾向がとても強いことだ。つまり、企業を統括して事業を推進する管理者が、こういう手段で人材を管理し、ビジネスを進めていったから成功した。「こういう風に部下を動かした」ことが成功の要因であり、故にその功績はすべて経営者のものという論調。
 そうだろうか?

 一般の商品ならば、それも納得出来るかもしれないが、映画という精神性の高い、特殊な商品を扱う業界では、必ずしもそうとは限らない。
 なぜかといえば、映画がビジネス的に成功する=映画館に多数の観客を集め、多額の興行収入を上げる。つまりヒット作を生み出すためには、ビジネス的な戦略や経営管理の優劣で決まるのではなく、観客が求める「面白い映画を見たい」という欲求に答えているかどうかだ。つまり、作り手の力量やモチベーションこそが、映画という商品の商業価値を左右すると言えるだろう。ましてや制作プロセスが密室作業であるアニメ映画の場合は、特にその傾向は強くなる。

●映画の商業価値は、作り手の力量とモチベーションが大きく反映される。

 本書はキャットラルの話をジャーナリストであるエイミー・ワラスが著した書籍だが、従来「ピクサー=ジョン・ラセター」というイメージが強くあったため、そのラセターのビジネス・パートナーであるキャットラルが表舞台に現れて、経営者の視点からこれまでの功績を語った。ラセターの、あの巨体の影に隠れがちなキーパーソンを発見したことを喜ぶ読者も少なくないだろう。ラセターだけがピクサーとディズニーを盛り立ててきたのではなく、キャットムルの貢献度も彼と同じぐらい大きいことが、本書によって立証されたとも言える。

 優秀な経営者がいるからこそ、優秀な作品を創作することが出来るのだ。だが逆もまた真なり。優秀な作品が作られるからこそ経営がうまく行く、ということも映画産業では事実だ。1本の映画が失敗したために、倒産してしまった映画会社も過去には存在する。そのことは、映画産業の内情を30年近く見て来た者として、強調しておきたい。

●”経営者が映画を作っているのではない!! 主役は君たちだ!! “

 昨年11月、NHKでオンエアされた「魔法の映画はこうして生まれる」で、これまで秘密とされていたディズニー・アニメーション・スタジオの映画製作のプロセスが、初めて映像で明かされた。『ベイマックス』の製作中、スタッフは多くの壁に突き当たる。そしてその都度、チーフ・クリエイティヴ・オーサーのジョン・ラセターは関係者から多くの意見やアイディアを集めて突破口を切り開き、スタッフは見事な作品を創り上げていく。「映画を作るのは経営者ではない!! 主役は君たちだ!!」。『ベイマックス』の制作スタッフにそんな言葉を発して激励するラセターの姿は、勇ましく、また頼もしい。

 スティーブ・ジョブズがピクサーをディズニーに売却し、まさしく「ピクサー流」の映画制作をディズニー・アニメーション・スタジオに導入することで、長いスランプに陥っていた老舗スタジオが息を吹き返し、そこで働く人たちのモチベーションが、格段にアップした。「やれば出来る子たち」が本来の力を発揮したのだ。その成果が『アナと雪の女王』であり『ベイマックス』なのである。現場で彼らを勇気づけ、モチベーションを高めたラセターの力、それを経営者として推進したキャットムル、そしてディズニーのボブ・アイガーにピクサーを売却する際、キャットムルとラセターをスタジオの経営に当たらせることを条件としたスティーブ・ジョブズ。3人のビジネス・パートナーの勇気と決断があったからこそ、これらが可能になったに違いない。

 余談だが、ラセターとキャットムルは、現在もディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー両社の経営を行っているが、ディズニーの快進撃に対して、このところおとなしめだったピクサーも、7月には新作『インサイド・ヘッド』が日本公開され、その後もヒット・シリーズの新作『ファインディング・ドリー(原題)』や『トイ・ストーリー4』を製作・公開する予定があることを付け加えておこう。

■関連記事

第15回 『黒澤明が選んだ100本の映画』〜映画監督は、同業者とその作品をどう見ているのだろうか?
第14回 『映画術/その演出はなぜ心をつかむのか』 〜現役映画監督の視点で書かれた、名作の秘密。
第13回『80年代映画館物語』〜ちょっと変わった子ですけど、出来ない子じゃないと思うんです…。

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。