ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HKT48、初の沖縄単独ライブで5thシングル「12秒」初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©AKS
昨年9月よりスタートした初の全国ツアー「HKT48全国ツアー ~全国統一終わっとらんけん~」。3月22日沖縄県・宜野湾市海浜公園野外劇場にて開催した。AKB48グループ内での沖縄県での単独コンサートはAKB48に続き2度目となる。

開演前の囲み取材では兒玉遥が「沖縄はずっと来たかった場所」、宮脇咲良は「全国ツアーが決まった時にみんなで絶対に“沖縄いきたいね”と話していました」と初の沖縄公演への喜びを語り、これまで各地の方言を覚え、公演で披露してきた田中美久は「沖縄の方言をちゃんと覚えて(コンサートを)頑張りたい」、指原莉乃は「沖縄の皆さんにパワーをぶつけて“沖縄48”を作れるぐらいHKT48を人気にしたい!」と意気込んでいた。

6月6日に開票が行われるAKB48選抜総選挙がHKT48の本拠地、福岡・ヤフオク!ドームで開催される話題になると、指原は「(総選挙には)出るかどうか決めていない」としながらも「せっかく決まったのでHKT48メンバーが1人でも多く選ばれたら」と話していました。するとHKT48最年少の矢吹奈子は「総選挙出たい!出ます!」と突然の出馬宣言。笑いを誘っていた。

満員2200名のお客様の大歓声のなか始まった公演の1曲目は、この季節にぴったりな「桜、みんなで食べた」からスタート。そして沖縄出身・SPEEDの「Body&Soul」や沖縄バージョンとしてアレンジされた楽曲では三線やエイサーも登場し、沖縄ならではの演出で会場を盛り上げた。

公演終盤「メロンジュース」では大花火も打ちあがった。パフォーマンス中のメンバーも会場の観客も皆、サプライズで大きく打ちあがった300発の花火に驚いていたが、大歓声が上がり、メンバーも「びっくりした!!本当に最高ですね!!」と話し大変な盛り上がりを見せた。

そして本編終了後、アンコールの大合唱が響く中、突如披露されたのは4月22日発売・HKT48の5枚目のシングルとなる「12秒」。選抜メンバーは水兵モチーフでデニム生地のセーラーカラーの制服衣装で登場。新曲「12秒」は“ファーストキス”がテーマで、アグレッシヴなギターサウンドにのせて歌った、勢いあるメロディアスなナンバーで、会場はこの日最高潮の盛り上がりに。

今回、ダブルセンターを務める兒玉は「この“12秒”はキスの時間のことだったんです!」と話し、HKT48では初のセンターを務める宮脇は「はるっぴ(兒玉)と新しい16人で素敵な楽曲を作っていければ」と新曲への意気込みを語っていた。

また今回選抜復帰となる村重杏奈は「選抜として歌えて本当に嬉しいです」、植木南央は嬉しさのあまり泣き出し「選抜に戻ってこれてすごく嬉しいです」と涙ながらに語った。

本ツアーは残り島根県、北海道、山口県を回り、6月27日と28日に神奈川県/横浜アリーナにてツアーファイナルを迎える。

5thシングル「12秒」のアートワークを担当したのは、木村カエラやいきものがかりら数々のアーティストのヴィジュアルワークを制作するGiottographica(ジョットグラフィカ)。テーマは「フィッティング」。春らしいパステルカラーのグラデーションをバックに、メンバーがお気に入りの1着を見つけるべくコミカルに奮闘する姿を表現。思い思いのファッションに身を包んだ、個性あふれるHKT48らしいPOPな仕上がりになっている。代表曲「メロンジュース」ジャケット撮影以来のタッグとなった、カメラマン・青山裕企の引き出したメンバーの明るくはじける笑顔にも注目したい。

関連リンク

■HKT48公式サイトhttp://www.hkt48.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。