ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新生EXILEがニコ生を一週間ジャック「ファンとの触れ合いを大切に」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月25日に発売される新生EXILEとして初のアルバム「19 -Road to AMAZING WORLD-」のリリースを記念し、急遽、3月23日~3月29日の発売週一週間、毎日EXILEがニコニコ生放送に生出演する番組「EXILEが毎日生出演『19 -Road to AMAZING WORLD-』アルバム発売特番 ~直己の部屋~」の放送が決定した。

初日は17:30より本放送前のミュージックビデオ特別番組がスタートし、18:00からメンバー生出演の本放送が始まる予定。

EXILEとしてのニコ生出演は2012年の6月以来、3年近くぶりだが、それだけでなく同グループが一週間連続で生出演するのはニコ生史上初めて。常に進化を繰り返し、新しいことに挑戦し続ける、実にEXILEらしい豪快な企画だ。

今回のアルバム「19 -Road to AMAZING WORLD-」は、3年以上もの制作期間を経て完成したアルバムで、リーダーであるHIROが勇退するまでのEXILE第三章から、新メンバー5名が加入し、新たに19名の新生EXILEとして始動した第四章までの歴史と想いが詰まった“架け橋”的な作品。逆に言えばその間、レコーディング期間やパフォーマンストレーニングに集中していた為、ツアー以外の外へ向けての活動が少なかったと言える。

そんな状況を受け、EXILEメンバーが「今何を考え、日々をどう過ごしているのか」「第三章と第四章をどう捉え、どこに向かっていくのか」、そして、それぞれのパーソナルに迫った深い話まで、ニコ生特有のファンとの触れ合いを大事にしながら伝えていきたいという、彼らの想いで今回の番組放送が決定した。

番組では、第三章からEXILEに加入、三代目 J Soul Brothersリーダーも兼任する小林直己がMCとして立ち、毎回、直己だからこそ聞ける深い話を、ゲストで訪れる他メンバー達に質問し、切り込んでいく。

コメントや即時アンケートを通してファンとやりとりするコーナーも予定しているとのこと。

今作、「19 -Road to AMAZING WORLD-」は収録楽曲14曲全てにミュージックビデオがあり、さらに豪華盤には、EXILE HIROのパフォーマー勇退への過程から、第四章に至るまでの裏側に密着した76分もの長編ドキュメント「EXILE Document 2012-2014」、世界最先端DJによるEXILEサウンドのリミックスCD「EXILE REMIX DISC」なども収録。EXILE第三章の歴史とこれからの第四章への期待感を、思う存分に感じられるような超豪華アルバムとなっている。

また、サブタイトル「Road to AMAZING WORLD」の通り、秋のEXILEライブツアータイトル「AMAZING WORLD」への繋がる入口ともなっているようだ。

番組情報
EXILEが毎日生出演「19 -Road to AMAZING WORLD-」アルバム発売特番 ~直己の部屋~
第1夜:3月23日(月)18:00~(予定)
第2夜:3月24日(火)23:00~(予定)
第3夜:3月25日(水)21:00~(予定)
第4夜:3月26日(木)18:00~(予定)
第5夜:3月27日(金)21:00~(予定)
第6夜:3月28日(土)未定
第7夜:3月29日(日)未定
※放送時間は変更になる可能性あり。必ず事前に「EXILE毎日生放送 -直己の部屋-」特設サイトを確認のこと。

「EXILE毎日生放送 -直己の部屋-」特設サイト
http://ch.nicovideo.jp/EXILE19

リリース情報

「19 -Road to AMAZING WORLD-」
2015年3月25日発売
【2CD+2DVD】(豪華盤) 5,980円+税
【2CD+2Blu-ray】(豪華盤) 6,980円+税
【CD+DVD】3,980円+税
【CD+Blu-ray】4,980円+税
【CD】2,980円+税
※初回盤:三方背仕様・初回盤購入特典応募シリアルナンバー封入

関連リンク

EXILE Official Sitehttp://exile.jp/
■EXILE mobilehttp://m.ex-m.jp/q?i=artist/exile/album/19/index
「19 -Road to AMAZING WORLD-」スペシャルサイトhttp://exile.jp/special/amazingworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP