体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペインの首都は「バルセロナ」?隠されたマドリッドの5つの魅力

406876743_6dfda1e710_b

Photo credit: Panoramica 002 – Estadio Santiago Benabeu via photopin (license)

TRiPORTライターの濱松です。
マドリッドはスペインの首都であるのにも関わらず、サグラダファミリアのあるバルセロナやフラメンコが有名なグラナダと比べ、「観光名所が少ない」とささやかれる街としても知られています。なかには首都をバルセロナだと勘違いしている人さえいるほどです。しかし実際に訪れてみると、マドリッドでは多くの魅力を発見することができました。そこで今回は、「マドリッドを楽しむ5つ方法」と共にその魅力をご紹介します!

①【サッカー観戦】世界最高峰の妙技に酔いしれる

マドリッドは、サッカー好きでなくてもおそらく一度は耳にしたことがあるであろうレアルマドリッドの本拠地。世界中のプレーヤーがこのクラブでプレーすることを夢見るほどであり、その強さは世界最高峰レベルです。2015年3月時点では、クリスティアーノ・ロナウドなどをはじめとした世界のトッププレーヤーが所属し、毎試合ごと観客に感動を与えています。日本では見られない迫力満点のサッカー観戦を、現地の熱狂的なファンとともに楽しんでみてはいかがでしょうか?

②【美術観賞】ピカソやダリの名作にうっとり

(筆者撮影)

(筆者撮影)

スペインはフランスやオランダなどとともに、世界的に有名な画家を排出した国として知られています。代表的な画家は何と言ってもピカソ。そのほかにもダリやミロ、ゴヤもスペイン出身です。そして、マドリッドには名画が数多く存在しており、ピカソ『ゲルニカ』、ダリ『子供・女への壮大なる記念碑』、ゴヤ『マドリッド1808年5月3日プリンシペ・ピオの丘での銃殺』は特に必見です。美術館巡りをするなら、まずはプラド美術館やソフィア王妃芸術センターなどから訪れてみてはいかがでしょうか。

③【本場バルに挑戦】スペイン産ワイン&タパスに舌つづみ

りょーちゃん『スペイン一人旅』より

Photo credit: りょーちゃん「スペイン一人旅

スペイン料理のレベルの高さは世界でも評価されています。マドリッドは煮込み料理が有名ですが、それに加えて他にも「イベリコ豚の生ハム」といった定番料理も味わうことができます。また、マドリッドはスペインの中心部に位置することから、スペインの各地域の郷土料理が楽しめるのもポイント。そういった視点からレストランを選んでみるのも面白いかもしれません。

④【世界遺産のトレドへ】ここだけの夜景・絵画を求めて

(筆者撮影)
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。