ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大企業キャリア女性 10才年下元彼監視のため下に部屋借りる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 仕事ができて、若くて、美人――そんな完璧な女性が突然ストーカーに豹変してしまうこともある。会社員の松本恵さん(仮名・34才)の友人、裕子さん(仮名・35才)は大手企業に勤めるキャリア女性。

 そんな彼女がつきあっていたのは、10才年下のしがないフリーターだった。見た目はいいがお金はなく正社員を目指すつもりもない、そんな“ダメ男”だった。デート代はいつも彼女が負担し、洋服まで買ってあげる世話焼きぶり。にもかかわらず、彼氏は「他に好きな人ができた」という理由で裕子さんをフった。

「まさか裕子がフラれるとは思わなかった。それでも別れてよかったと思ってたんです。でも、裕子は未練たらたらで、何度もヨリを戻したいと電話したり、家の前で待ち伏せたりしているみたいでした」(松本さん、以下「」内同)

 いくら裕子さんが必死になっても彼はまったくヨリを戻す気配はない。すると裕子さんは大胆な行動にでたという。

「彼はお金がないから、築ウン十年の風呂なしアパートの2階に住んでいたんです。なんと、裕子は彼の真下の部屋を借りました。ただ彼氏を監視するための部屋なので家具などはなし。郵便物をチェックしたり、来客がいないか調べたり、夜はただひたすら聞き耳を立てて音を聞いているみたい。

 裕子は『彼と元サヤに戻るのはあきらめている』と言いますが、彼に新しい恋人ができるのはイヤみたいで行動を監視したいらしいです。いつまで裕子のそんな日々が続くのか…いっそ彼に新しい彼女ができてくれればいいのに、と思ってしまいます」

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
矢部浩之 父の死に落ち込むTBS青木裕子アナのため結婚決意か
東方神起の「JYJ」改名に「魂売った」と女性ファン憤慨
新恋人発覚の市原隼人 11年交際元カノ母親が破局の経緯語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP