ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

18年ぶり「世紀の大潮」。皆既日食の影響で、モンサンミッシェルが完全な離島に!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランス北西部の世界遺産「モンサンミッシェル」が2015年3月21日、「大潮」になり、孤島の姿になった。その姿を見物しようと、過去最多のおよそ3万人が押し寄せた。

先日TABI LABOでも紹介した、2015年3月20日にヨーロッパで観測された皆既日食の影響で孤島の姿になった。今回の大潮は、18年ぶりだという。

3月21日夜にモンサンミッシェルの周辺で、14メートルを超える潮位で、「世紀の大潮」と言われている。

モンサンミッシェルとは?

モンサンミッシェルは「聖ミカエルの山」の意味で、旧約聖書に記されている大天使・ミカエルのフランス語読みに由来する。カトリックの巡礼地でもあり、1979年にユネスコの世界遺産に登録されている。

ここからは、そんな美しいモンサンミッシェルの写真を紹介する。


Reference:huffington post / Afp news / wikipedia

関連記事リンク(外部サイト)

【世界のお花見スポット9選】ワシントンや台湾、イスタンブールの桜が美しい・・・
「赤いオーロラ」が北海道・名寄市に出現!11年ぶりに撮影されたその写真とは?
まるで異世界のような美しさ・・・。世界最大の洞窟「ソンドン洞」にドローンが侵入

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP