ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android / iOS向けの「Places API」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が公式ブログを通じて Android / iOS 向けの「Places API」の提供を開始したことを発表しました。Places API は、サードパーティ製アプリが Google の保有する 1 億以上ものスポット情報を手軽に利用できるようにするサービスです。この API には、ユーザーが任意の場所をスポット名として指定できるウィジェットツール「place picker」やスポット情報(名前や住所、電話番号など)を読み込める機能、スポット名のオートコンプリートを実現する機能などが含まれています。Places API は Google Play 開発者サービス v7.0 以上で対応していますが、実際にはそれぞれのアプリに合わせた形で提供されると思います。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Nubia Z9にはWindows 10版も存在?
Galaxy S6 / S6 edgeの壁紙12枚がダウンロード可能に
Xiaomiのさらに安いとスマートフォンかもしれない未発表機種の写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP