ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人がV9達成した甲子園 阪神ファンなだれこみ王貞治を襲撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1973年の読売巨人軍はリーグ9連覇をしたものの、他を大きく引き離しての優勝ではなかった。ギリギリまで阪神タイガースと優勝争いをし、優勝はシーズン最終戦、甲子園での阪神戦まで持ち越された。阪神は直前の優勝がかかった中日ドラゴンズ戦で負けてチーム全体が萎んでしまい、勢いがない状態で右のエース、上田二朗氏が先発した。上田氏がその日の出来事を振り返った。

 * * *
 最終戦、甲子園は4万8000人の超満員に膨れあがった。ファンは「巨人に勝って優勝や」と思って来ていたと思います。でも勢いは失われており、先発の僕は2回4失点で降板。ベンチに戻ってからは申し訳ない気持ちで一杯でした。

 一方的な展開になり、ファンから罵声が飛び交っていた。終盤は投げ込まれたビール瓶の除去とかで、なかなか試合が進まなかった。結果は0-9の完敗です。

 ゲームセットと同時に、2、3人のファンがグラウンドに降りたかと思うと、そのまま大勢がなだれこんできた。そして阪神の選手には一瞥もせず、一直線で三塁側の巨人ベンチへ向かったんです。

 異様な光景でした。王(貞治)さんがベンチで阪神ファンに捕まるのが見えましたが、僕らにはどうすることもできなかった。もっとも、僕が止めようとしたら「おまえが悪い!」と袋叩きにあったでしょうから、マネージャーに早く奥に逃げろといわれました(笑い)。

 長嶋(茂雄)さんがいなくなっていた(10月11日の試合中に右手薬指を骨折)巨人に負けたのは悔しかった。でも長嶋さんが欠場しても広野(功)さん、末次(利光)さん、槌田(誠)さんが活躍した。巨人は層が厚かったというしかありません。

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
V9巨人 甲子園で優勝決定したが投石等で胴上げできなかった
巨人のV9阻止試合で阪神に不思議な投球した中日・星野の逸話
勝谷誠彦氏 ぬるま湯体質の阪神を変えられるのは掛布監督だ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP