体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】「リアルで会見に参加するのは、質問したいから」 畠山理仁さんインタビュー

畠山さん

『公の記者会見オープン化』という難題に立ち向かうフリーライター畠山理仁さんに”公の情報共有”についてきいてます。今回で第4回目です。前回はこちらです。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物:
畠山=畠山理仁(はたけやまみちよし)。記者会見オープン化を求める活動で注目されるフリーライター。
深水=深水英一郎(ふかみえいいちろう)、ガジェット通信。

●リアルで記者会見に参加する意味

――深水:たとえば、記者会見については行かずともある程度中身はわかるじゃないですか。議事録もあるし、最近はビデオを出しているところもある。

畠山:出しているのは外務省と官邸とかですかね。総務省はやってないんですよね。まあ、『ニコ動』とかで見れますけど。

――深水:実際に記者会見に行くことによる利点って何でしょうか。

畠山:僕の場合、記者会見には質問をしに行くんですよね。あと、写真を撮りに。記者会見って、質問をしないと面白くないじゃないですか。「面白い」という言い方もアレですけど。まあ、他の人が聞きたいことを代表して質問するというのもありますけど、基本は自分が疑問に思ったことを聞きに行くという場所だと思ってるんですね。質問や撮影が無いときはネットで見るのもいいですね。家で裸で見ていてもいいので(笑)。こう、寛いだ感じで見ていても。

――深水:全裸で。

畠山:えぇ、全裸ででも(笑)。

――深水:全裸で議事録見ちゃったりもできる。

畠山:そうそう。裸踊りしながらでも見れる。

――深水:まぁ、踊ってたらあまり頭に入んないと思いますけど。畠山さんとしては、民主党の記者会見オープン状況は何合目というか、何パーセントだと思いますか?

畠山:5%くらいじゃないですかね。

――深水:ああ、全然ですね。省庁で言うと、質問できる省庁っていうのはどのくらいなんですか?

畠山:今、質問できるのは、週2回でクラブも一緒のやつだと、外務省と金融庁ですよね。それから、法務省、厚生労働省、首相官邸、あとは文部科学省。あと何があったかな?

――深水:消費者庁とかは? 電話で聞いた限りだとかなりオープンだったんですけど。

畠山:あ、消費者庁もできますね。あそこはできたのが去年なので、クラブが始めなかったんですよね。クラブがなくて、規約も全然なくて、広報の人が極めて普通の感覚を持った人だったので、行きたいって言う人は入れましょうっていう形でやってたんですね。そしてだんだん、来る人が決まって来て。クラブ室もね、フリーの人が使える共有の机がたくさん取ってあったんです。だけど、来る人はやっぱりクラブの人に限られてきたので、共有の机はちょっと少なくなって。でも、今でもフリーの人が来て使っていいよっていうスペースが4席くらいはありますよ。大きな媒体も常駐しているわけではないので、べったりくっついてるって人はいないんです。ただ、各社のブースっていうのはもうあります。確かに消費者庁はオープンですよね。

――深水:まだ新しいっていうことが大きいんですね。あまり話題に上がらないのが不思議ですが。

畠山:うーん、そうですね(笑)。

――深水:それは、消費者庁自体が小さくてあまり注目されないというのもあるんでしょうね。新しいけど当たり前のことを当たり前にやっているという意味では注目してもいいのではないかと思うんですが。記者会見開放というとどうしてもみんな外務省、岡田克也さんあたりに注目が集まりますけど。

●今、そこで生まれつつある新しい記者クラブ

畠山:それは、記者クラブとしっかり戦って開いたという意味では、一番激しくやったところなので。消費者庁の場合は、記者クラブがなかった状態から始まって、今はだんだん記者クラブの側が規約というか決まりのようなものを作り始めていて。例えば、以前『Ustream』で中継をした人がいて、それ自体は別に何の問題もないはずなんですけれども。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。