ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなただって小説家になれる。「30日間チャレンジ」で人生を変える方法とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ずっとしたいと思っていることなのに、なかなかやれていないことはありませんか?

今回紹介するスピーチの登壇者、マット・カッツはやりたいことを試しに「30日間だけ」挑戦してみようと話します。この短い講演の中では、30日間チャレンジのメリットと、人生の変え方を説明しています。

1.「30日間チャレンジ」とは、自分のやってみたいと思っていたことをとにかく30日間続けること。

2.1日1日が、もっと新鮮なものになる。なにか新しいことに期限付きで挑戦することで、毎日が思い出になる。同時に、今までやってみなかったことに挑戦することで、自信がつく。

3.明日から挑戦しよう。毎日少しづつでも続けてみれば30日でなにか大きなものにすることができる。

さて、ここからは彼のスピーチを見ることにしよう。

ある時期、毎日がつまらない時がありました・・・。だからアメリカの「偉大な」思想家モーガン・スパーロックの辿った道を自分も辿ってみることにしました。

彼は、何か新しいことに30日間挑戦することを薦めていました。ルールはいたって簡単。いままでずっと人生でやってみたいと思っていたことを考えてみて、とにかくそれを次の30日間でやってみること。

30日間というのは、新しい習慣を身につけたりなんらかの習慣を手放したりするのには丁度いいスパンなんです。この30日間チャレンジをする中で学んだことが3つありました。

1日1日を
もっと大切にできる

一つ目は、ただ時間が過ぎさっていくのではなく、1日1日の時間がもっと思い出に残るものになるということ。これは私がやったチャレンジの一つで「毎日1枚写真を撮る」というもの。

それをやることで、この日に一体自分がどこにいたのか、自分がなにをしていたのか鮮明に思い出すことができるんです。

キリマンジャロにだって登れる!
自信をつける為に


もうひとつ私が気がついたことは、より困難な30日間チャレンジに挑戦するうちに、自分に自信がついてきたということ。

机に住みついたネットおたくから、ただ楽しいからという理由だけで、職場まで自転車で通うような人間になった。去年なんて、アフリカで最高峰の山、キリマンジャロ山でハイキングをしました。30日間チャレンジを始めていなかったら、そこまで冒険心を持つことなんてなかっただろうと思います。

あなただって、
小説家になれる


小説を書いてみたいと思ったことはありませんか?ぼくの中で11月は小説を書く月と決めています。50,000 wordsの小説を白紙から書きはじめて30日間で書き上げる。よく考えてみればつまり、1日に1,667 words書くというのを1ヶ月間続ければいいということ。

ちなみにこれをやるコツは、その日のノルマを達成するまでは絶対に寝ないということ。もちろん睡眠不足になってしまうかもしれないけれど、でも小説を書き上げられる。

僕の小説が次のアメリカン・ベストセラーにならないかもしれない・・・。でも、これからのTEDパーティーでジョン・ホッジマン(アメリカの小説家)に出会うことがあったら、「僕はコンピューターサイエンティストです」なんて言わなくてもいい。僕は自信をもって「小説家です」って言えるんですよ。

最後にこれだけは、言っておきたい。小さいことでも30日間やり続ければ、意外と身につけられんです。そして、他の人とその話がある程度できるようになるんです。

僕からあなたへの質問です:一体、なにを待っているのですか?

次の30日間をただ過ぎ去ってしまうものにするか、意味のあるものにするか。それはあなた次第です。30日間チャレンジ、やってみてはいかがですか?

 Reference:ted

関連記事リンク(外部サイト)

実は些細なことだった。あなたの周りの「幸せそうな人」がやっている「15の習慣」
「本気で叱ってくれる人を、大切にしなさい」。余命半年の教授、「最後の講義」に世界中が泣いた・・・
あなたにも知っておいてほしい。「隠れ鬱」の人にあらわれる12の特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP