ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米倉&篠原のW涼子、江角と天海のTV共演が難しい事情とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 改編時期となればテレビ局は、独自に作成した「共演NGリスト」を前に東奔西走することになる。過去の恋愛関係など事情は様々だが、イメージ商売だけに「ライバル関係」や「キャラかぶり」も共演NGを生むという。

 米倉涼子(39)と篠原涼子(41)は、ともに主演ドラマが高視聴率を叩き出し、“W涼子対決”として注目され続けたことから、対抗心を燃やす関係に。

「同時間帯のドラマ主演対決など常に比較され続けていますからね。篠原は仲間由紀恵(35)もNGです。ライバル関係だから……というだけでなく、実は同じアイドルグループに所属していた過去がある。その時代に触れられるのは嫌なのかもしれません」(芸能関係者)

 かつて同じ事務所だった江角マキコ(48)と天海祐希(47)もリスト掲載案件。

「天海が江角と同じ事務所に移籍してきてから『キャラがかぶる』『主役を持っていかれた』と不満を募らせ、それが原因で江角は独立したといわれています。もっとも“落書き事件”の影響で、江角にはドラマ出演のオファーそのものがありません」(ドラマスタッフ)

 その天海と宮沢りえもリスト入りしている。

「一昨年、天海が病気で舞台降板した時の代役をりえが務めた。代役大成功の美談として大きく取り上げられたが、天海自身は最後まで代役に反対していた経緯がある」(芸能関係者)

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
江角マキコ なぜ天海祐希ばかり主役かと衝突し事務所移籍説
米倉・篠原の「W涼子対決」 まだ視聴率女王の決着つかず
「篠原涼子>米倉涼子」のギャラ格差 直接対決で異変発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。