ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地下アイドル ライブ会場で物販に精出し月収19万円が平均か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイドルブームが続く中、毎年、数多くの少女たちがデビューする。オーディションに合格し華々しくデビューするアイドルがいる一方で、マスメディアには登場しない「地下アイドル」も増えている。大手芸能事務所に所属せず、テレビやアイドル雑誌にも滅多に登場しない彼女たちは、どうやって活動し、収入を得ているのか。地下アイドルでライターの姫乃たま氏がレポートする。

*    * *
 マスメディアに露出せず地道に活動を続けているアイドルがいます。地下にあるライブハウスを中心にライブ活動をしている彼女たちは「地下アイドル」、ときには「ライブアイドル」「インディーズアイドル」などと呼ばれます。今年の元旦には、地下アイドルを名乗る「仮面女子」がシングルCDを初週13.2万枚売り上げ、ランキング1位になったことが話題になりました。このニュースによって、それまで一般にはなじみが薄かった「地下アイドル」という単語が、世間に知られるようになりました。

 仮面女子のCD売り上げ枚数は桁違いでしたが、目を凝らしてCD売上ランキングを見ていると、地下アイドルがチャートインしていること自体は珍しくありません。ただ、CDの売り上げでうはうは……というわけでもないのです。

 ちなみに多くの職業がそうであるように、地下アイドルも収入に個人差があり、下は活動すればするほど赤字になる人から、上は月収100万円という方まで様々です。私の所感ですが「大卒の初任給」や、「ひとり暮らしできるくらい」という反応が多いので、ざっと19万前後が平均という感じでしょうか……。収入が高い地下アイドルほど、知名度が高いとも限りません。

 地下アイドルになるきっかけはさまざまです。よく聞くのは、ライブハウスなどが主催するイベントに出演したことをデビューとするパターンでしょうか。名乗った時点で、女の子は誰でも地下アイドルになれます。動機は様々で、女優や声優への通過点として活動している子や、有名になりたいわけではないけれど人前で歌いたい子も多く、メジャーなアイドルになりたくて活動している地下アイドルは、想像より少ないかもしれません。

 そんな、テレビでは流れない謎に包まれまくりの地下アイドルが、どのように収入を得ているのか、現役地下アイドルの私が少しだけご紹介します。

 彼女たちの主な収入源はライブ会場にあります。ライブでの収入というと、真っ先に出演料を想像されるかと思いますが、地下アイドルに固定のギャラが支払われることは滅多にありません。彼女たちの主な収入源は、ライブ終演後の物販なのです。

 ファンの方も交流の時間として重要視しており、「物販が本番」などと言われるほどです。その重要さは、出演時間の平均が15分程度であるのに対し、物販時間が1時間あることからも伺えます。

 物販では2ショットチェキや音源が販売されています。チェキは500円か1000円が相場で、音源はCDショップで販売されているものと同じくらいの価格帯です。つまりワンコインあれば物販で地下アイドルと交流することが可能なのです。

 そこで稼ぐために地下アイドルが力をいれているのが、趣向を凝らして制作するオリジナルグッズです。周囲の地下アイドルと差をつけるために、実家に眠っていた通知表のコピーを販売している子もいました。金額に相場がなく、商品をすべて買い揃えてしまったファンの方にも売れるためでしょう。「物販で食うためには、思い出でもなんでも売る」と話していました。この雑草魂こそ、地下アイドルの醍醐味かもしれません。

 距離感の近さが特徴の地下アイドルですが、少人数のオフ会が開催できるのも魅力のひとつだと思います。私がいままで見た中でもっとも商魂たくましいなと思ったのは、ペンションでのお泊り会でした。ペンションは友人の持ち物なのでタダ。ごはんは和気あいあいとしていて且つコストのかからない鍋。そしてお風呂に一緒に入れるというサービスで、価格を数万円に釣り上げるのです。

 サービスもここまでくると、もはやアイドルと呼んでいいのか疑問ですが、参加者が10人だとして、ひとり10分ずつ一緒に入浴しても、100分は入浴し続けなければならないという点が、同じ人間としてとても心配でした。

 しかし、好きなアイドルと一緒にお風呂に入れるなんて、その子のファンにとっては稼いでいる本人よりも、景気のいい話なのかもしれません。ただしオフ会は参加へのハードルが高く、常連のファンばかりが集まりがちです。そうなると、新規ファン獲得を遠ざけやすいため、開催するかどうかは運営の考え方次第だと思います。

 地下アイドル活動で培ったキャリアや知名度を活用して、メイド喫茶で働いたり、所属事務所で後輩アイドルのマネージメントやプロデュース業にまわったりする収入方法もあるようです。いずれの仕事も、地下アイドル時代からリーダーシップを発揮していた人が活躍している気がします。

 あと、地下アイドルは普通に働いているものです。私の周囲には正社員の子も多くいます。プライベートで仕事が安定している子の方が、地下アイドル活動も安定している傾向にあります。地に足をつけて働ける子は、地下アイドルとしても安定するのですね。突飛な職業に見えて、他の職業と変わらないのです。遠い分野の人たちに思えても意外と近く、あなたが働いている職場にも地下アイドルがいるかもしれません。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地下アイドル好き女性が女性なのにアイドル応援する感覚語る
テロ組織、地下アイドル… 「束縛」描いた桐野夏生の連作集
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP