ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「兄弟仲よくお母さんを助けよ」 余命短い夫と息子の約束

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「川の氾濫が土を掘って田畑を耕すように、病気はすべての人の心を掘って耕してくれる。病気を正しく理解してこれに堪える人は、より深く、より強く、より大きくなる」とは、スイスの哲学者・カール・ヒルティの言葉。夫の病と向き合い、支え合った46才パート女性の家族のエピソードを紹介します。

 * * *
 去年の春まで、会社員の夫とふたりの息子を持つ主婦だった私。高校生だった長男はおとなしくて手がかからないのですが、一方の中学生の次男は反抗期なのか、口答えをしたり、壁を蹴って穴をあけるなど問題ばかり。私が言ってもなかなか言うことを聞かず、そんな時は夫に叱ってもらいました。

 しかし突然、夫に胆管がんが見つかったのです。すでに転移していて手術もできない。余命半年だと医師から聞かされた時は、腰が抜けて、私が夫に支えられたくらいでした。

 食が細くなっていることはわかっていたのに、なぜもっと早く気づいてあげられなかったのか…。

 泣きくずれる私に、夫が「ごめんな」と背中をなでてくれました。私たちは、子供たちに病気のことは内緒にしようと決めました。夫はぎりぎりまで、子供たちと普通に接していたかったのです。

 1か月後、夫は会社を辞めて入院。みるみるうちに体調が悪くなり、寝たきりになりました。子供たちも、夫が痩せていくのを見て、がんだと気づいたようでした。寝たきりになって少したった時、夫は病室に子供たちを呼び、がんで自分の命が長くないことを告げました。

「兄弟仲よく、お母さんを助けてやってくれ」

 夫がそう言うと、次男は夫の手を取り、泣きながらうなずいていました。ところが、長男は「できない」と答えるのです。

「ぼくはお母さんのことなんて絶対助けないからな!」

 長男が初めて声を荒らげて首を振りました。

「頑張れ。おれも病気と闘うから」

 夫はそう言って、細くなった手を長男の肩に乗せていました。

 夫はそれから半月後に亡くなりました。次男の反抗はなくなり、長男は夫の代わりに、私たちを支えてくれています。夫が遺してくれた言葉と、それを守ってくれている子供たちが、私の誇りです。

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
極秘がん手術の向井亜紀「代理出産」も子供たちに話してきた
1月1日~4月1日に生まれた人を「早生まれ」と呼ぶ定義と由来
75歳父に全財産を見せられた無職男「アルバイトでも探そう」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP