ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒゲ剃り負けしない!男の美肌作り

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ヒゲ剃りすると、必ず肌が負けてしまう…。そんな悩みを抱えている男性は、意外と多いものです。男性だから肌のことなんて気にしなくていいと思われるかもしれませんが、実はこれは大きな間違い。株式会社ネオマーケティングが行った「夫の身だしなみに関する意識調査」によると、「夫の見た目の変化で残念なもの」というアンケートに対して、「シミ・シワや肌荒れが増えた」と答えた女性が13.5%と、全体として3番目に多い結果となりました。

【もっと大きな画像や図表を見る】

もはや男性でも肌荒れを気にするべき時代。そのカギを握っているのが、ヒゲ剃りなのです。普段のヒゲ剃り方法を見直せば、肌荒れが解消される可能性も。今回は、美肌男子を目指すためのヒゲ剃りのポイントについてご紹介します。

そもそも、なぜヒゲ剃りで肌荒れが起きるのでしょうか? これはヒゲ剃りをするときに、知らないうち自分の皮膚の表面まで削ってしまっているため。イタイ! と思わなくても、肌が乾燥した状態でヒゲ剃りをしたり、ヒゲ剃りの向きがヒゲの生え方と反対になって逆剃りしたりすることで、皮膚を傷つけてしまっていることがあります。

傷ついた肌からは雑菌が入りやすくなり、がさがさしたり、ニキビになりやすくなります。肌荒れは、見た目にも美しくないだけでなく、ヒゲ剃りをするときにも辛い要因の一つ。こうした点からも、肌荒れを防ぐヒゲ剃りの方法を知っておく必要があると言えます。

肌を守りながらヒゲを剃るためには、肌にできるだけダメージを与えずに剃ることが大切です。そこで、ヒゲを剃る際にぜひ注意してほしいポイントを3つご紹介します。

1.朝ヒゲを剃る
会社に行く前にヒゲを剃る、という方は多いですが、なかには少しでも長く寝ていたいからと、前夜にヒゲ剃りを済ませてしまう方もいらっしゃいます。しかしこれは、美肌の面でもヒゲを剃るという意味でも、できるだけ避けたほうがいい行為。というのも、ヒゲが生えやすくなるのは深夜2時頃だと言われているため、ヒゲの伸びが速い方は、夜に剃っても朝にはヒゲが目立つようになってしまうこともあります。また、夜は何かとストレスが溜まって、体が疲れている状態。肌の水分量も少なくなっている時間なので、できれば朝起きてから20分ほど経った後の、肌状態のいい時間帯にヒゲを剃るようにしましょう。

2.生えている方向に沿ってヒゲを剃る
逆剃りをしないとヒゲをしっかり剃った気がしない! という方もいらっしゃいますが、逆剃りは肌を痛める原因の一つ。皮膚を無理やり引っ張ってしまうので、傷つきやすくなってしまいます。ヒゲを剃るときは、できるだけ生えている方向に沿って、やさしく剃ることが大切です。

3.電気シェーバーを使う
カミソリと違い、近年の電気シェーバーはヒゲを剃ることだけでなく、できるだけ肌にもダメージを与えないように作られています。また、カミソリで剃った場合は、電気シェーバーを使用した場合と比べて、皮膚が荒れやすいようです。カミソリか電気シェーバー、どちらを使うか悩んでいるという方は、ぜひ電気シェーバーを利用してみてください。

これからは、男性も肌をいたわる時代です。ヒゲ剃り方法を見直して、美しい肌を保ってくださいね。

記事提供/『エンジョイコンプレックス』
(R25編集部)

ヒゲ剃り負けしない!男の美肌作りはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

理容師が教える正しいヒゲの剃り方
「ニキビをつぶすと増える」は迷信
「メンズ脱毛」で人気の部位は?
若く見えるビジネスマンは損?得?
モテるヒゲ。秘密は顔の形にあり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP