ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相撲情報誌『TSUNA』が大人気! 創刊の秘密は某人気力士との出会いにあった?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

相撲情報誌『TSUNA』が大人気! 創刊の秘密は某人気力士との出会いにあった?
 現在、ブーム到来中の相撲。そんななか、配布するや否や、続々とハケてしまう相撲情報誌が『TSUNA』だ。人気作家のコラムや芸人の連載など、読みどころ満載の同誌。創刊の秘密を解き明かすべく、編集長の竹内一馬さんに話を聞いてみた。

――『TSUNA』発行のきっかけは何だったのでしょうか?

 今から12年前、僕はもともとバンドマンで、CDを出したのですがまったく売れなくて。だから全国を回ったり、駅前で弾き語りライブをしたりしていたのです。そこに偶然通りかかった力士がCDを買ってくれて。それから彼と仲よくなって飲みに行ったりして、お互いの夢を約束し合いました。

 僕はロックスター、彼は上の番付の取り組みが行われる18時に近い時間で相撲をとると。その彼というのが、当時序二段だった豊ノ島関。月日は流れて、バンドをやめることが決まっていた2010年11月、九州場所で彼が14勝1敗で白鵬と優勝決定戦をしていたのです。

 僕は田舎に帰るか、ほかのバンドに入るかで迷っていましたが、彼は約束通りに18時手前で優勝するかどうかの勝負をしていて、諦めずに稽古をして夢を叶える姿に、すごく心を打たれました。今まで相撲のことは『友人がお相撲さんだから観る』というくらいだったのですが、こんなに感動できることがあるのかと。

――豊ノ島関との出会いが、『TSUNA』創刊にひと役買っていたのですね。雑誌にはどんな思いが込められているのでしょうか?

 創刊当時、相撲界は賭博や暴行事件、八百長など相次ぐ不祥事で人気が低迷していたとき。ずっとあった相撲紙3誌中、2誌が休刊にまでなりました。とくに、若い子に相撲の素晴らしさを知ってもらいたいのに、これでは情報が限られてくる。

 だから、細かい内容は専門誌にまかせて、僕たちが相撲を知ってもらうきっかけを作れたらと、ゼロから始めて相撲オタクになれて、気軽に手に取れるフリーマガジンを創刊しようと思いました。まぁ、雑誌の編集経験がないのでお金を取れるようなものは作れない、という気持ちもあったのですが(笑)。

――今や発行すると即日はけてしまうそうですが、創刊までのご苦労は?

 まず声をかけたのが、バンドマン時代に連絡先を交換していた、元チャットモンチーのドラム・クミコン(高橋久美子さん)。彼女は歴史好きだったので、相撲も好きになってくれるだろうと軽い気持ちで連絡しました(笑)。

 当初は、”創刊おめでとう”のコメントをもらおうと思っていたのですが、コラム執筆の依頼が来たと勘違いしていたようで(笑)。僕としては『むしろ書いてくれるの?』とビックリしたくらいです。

 それでも雑誌を作ったことがないから、取材の仕方すらわからなくて、創刊まで1年半もかかりました。ボロボロながらも素人感満載のものができたのですが、次はそれを発信する術がなかった。

 だから脱退したばかりのクミコンのネームバリューを十二分に使わせてもらって(笑)、最初は新宿のタワーレコードと下北沢のヴィレッジヴァンガードに置かせてもらうことになりました。

――読者の反応はいかがだったのでしょうか?

 自分のTwitterで創刊をツイートしたところ、1日で100以上リツイートされました。通常、僕のツイートなんて1~2リツイートあればいいほうなのですが。それから、相撲の情報を知りたくても知ることができなかった従来の相撲ファンから、多くの問い合わせをいただきました。

 それを機に国技館に置いてもらうことになったのですが、これも3日くらいで全部はけちゃって。創刊号は5000部刷って、2号目は1万部。これも5日で配布終了。どんどん名前が一人歩きしていきます。だけど、広告がなかなか集まらない。2年経っても赤字経営が改善されず……、今でもギリギリですね(苦笑)。

――『TSUNA』が、相撲好きへの一歩になっているという実感はありますか?

 力士たちを呼んで「抱きしめてツナイト」というイベントも開催していますが、本場所も見たことはないけれど、相撲ってどんなものなのかなと、興味を持ってきてくれた方もいましたね。

 それはとてもうれしかったです。僕らの雑誌からでも、どんなきっかけでもいいので、まずは生で相撲を見ていただけたら。一度見たら、その迫力に魅了されると思いますよ。

■関連リンク
雑誌『TSUNA』公式サイト
ただの丸太が…大化けぶりが話題
街中に突如出現した「異空間」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。