体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼肉屋のラーメンが前衛的過ぎる件 @小田急相模原 焼肉はせ川

foodpic5941234

オダサガ(小田急相模原)の異端児『焼肉はせ川』と言えばA4、A5の焼肉が格安で食べられる店として局地的に有名ですが、実は焼肉以外のメニューも豊富に取り揃えています。

そんな中から今回は、ラーメンマニアの筆者的には外せない『イベリコ豚のチャーシュー麺』に注目してみましょう。

イベリコ豚と言えば豚肉の中でもセレブな奴で、その価格は下手な牛肉よりも高いくらいです。そんな高級豚肉を使ったチャーシュー麺が800円、しかも横線で打ち消して700円(今だけ価格)で食べられると言うのですから、この機会を逃す訳には行きません。

foodpic5941229

『焼肉はせ川』に行ったら、まず焼肉!!

言うまでもなく『焼肉はせ川』は焼肉屋さんです。どんだけサイドメニューが充実していても焼肉屋さんです。

なので『焼肉はせ川』に訪れたら、まず焼肉を食べましょう。それが礼儀と言うものです。行けば必ず「七輪」に火が起きているので、それを無視してサイドメニューだけ食べると言うのは無粋です。

上記の写真は『柔らかハラミ』です。お値段は、なんと650円!!!

焼肉を食べ慣れてくると「カルビ」を卒業して「ハラミ」(牛の横隔膜)にステップアップする時期が訪れます。
「焼肉で好きな部位は?」と聞かれて迷わず「ハラミ」と答える人は、ある程度は焼肉を食べ慣れた中級者と言えるでしょう。

そんな焼肉中級者のハートをがっちり掴む「ハラミ」が650円で、このボリューム… 『焼肉はせ川』恐るべし!

foodpic5941230

味の方は写真の『柔らかハラミ』を見て頂ければ分かると思いますが、敢えて言おう!

「柔らかハラミ、超ウメー!!!」

と。 牛肉の旨みを感じつつも、脂っぽくはない。それなのに凄く柔らかいと言う相反する要素が「ハラミ」にはあります。この『柔らかハラミ』なら、いくらでも食べられますね。

foodpic5941231

『焼肉はせ川』に行ったら、やはり牛タン!!

「焼肉は牛タンに始まり牛タンに終わる」と言われるくらい、牛タンは大事なアイテムです。
『焼肉はせ川』の牛タンには「上」(980円)と「並」(800円)があります。金額的には180円しか変わらないのですが、今回はあえて安い方を食べてみました。そして出た結論ですが…

「どちらの牛タンも旨し!!!」

となります。確かに「上」の方が見た目は綺麗ですが、味の方はあまり大差ありません。むしろ、適当に切られた「並」の方が厚さがあるので、牛タンの味をより強く感じる事が出来ます。
なので、あえて「並」の方をチョイスして、その分の予算を他のメニューに回すと言う選択肢も有効かと思われます。

foodpic5941235

『濃厚豚骨ラーメン』が前衛的過ぎた件の是非

軽く焼肉を堪能したら、本日の目当てである『イベリコ豚チャーシュー麺』をオーダーします。すると店主が出てきて

「今日は濃厚豚骨ラーメンの方が美味しいよ!」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会