ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SIMフリー携帯 格安と引き換えにこの3点を捨てれば導入可

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 出荷が始まったVAIOブランド初のスマートフォンが、SIMフリー機だと大きな話題を集めている。年度が変わるタイミングでスマホの機種変更を考える人にとって、今年はSIMフリースマホと格安SIMの組み合わせも視野に入っているだろう。ランニングコストが安いことはよく知られているが、これまでの機種変更と大きく違う点がある。SIMフリーを導入するにあたり、決断しなければならない3つのポイントを紹介する。

【1】キャリアメールはあきらめる
  キャリアメールとは、それぞれの電話会社が提供している「@」の後ろにdocomo.ne.jpやezweb.ne.jp、softbank.ne.jpと続くメールアドレスのこと。移動体通信事業者、つまり通信キャリアが提供している電子メールサービスは、その会社と契約しないと使用できない。ランニングコストが安いと評判の仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIM、いわゆる格安SIMでは、同じキャリアメールを使い続けるのはあきらめるしかない。

 また、ソフトバンクからドコモへ番号ポータビリティ(MNP)で移動といった既存のキャリア間での移動の場合は、移動先のキャリアメールサービスを利用できるが、現在のところ格安SIMの会社で同様のサービスは提供されていない。SIMフリースマホにするにあたって、この点は悩まなかったとフリーターの20代男性は言う。

「キャリアメールでメールすること、ほとんどなくなりましたからね。メールはYahoo!メールを使っています。電話もしないからフリーテルのネットし放題プラン2GBで月に880円です。安くていいですよ。ガラケーのときは絵文字やデコメールが送られてきたけれど、最近はそれもしないし。たいていFacebookのメッセンジャーやTwitterで用は済むし、滅多にないけれど電話はSkypeなどを使っています。問題ないですね」

 多くの人にとってキャリアメールについては、さして悩まずに済みそうだ。

【2】電話番号なしで最安か番号ありか
 格安SIMには様々なプランがあり、初心者にはわかりづらい。通信容量とは別に、電話番号があるかないかで料金プランが少しずつ変わると覚えておくと便利だ。おおよそ料金の安い順に(1)電話番号なし、(2)SMS機能つき(電話番号は割り当てられるが通話できない)、(3)通話できる(MNP可能なものもあり)、の3段階のプランがある。

 これまで使っていた電話番号にまったく未練がない人は番号なしのプランもよいだろうが、LINEを使うなら電話番号だけで送受信するショートメッセージのSMS機能は必須だ。30代会社員の男性は、SIMフリースマホ導入にあたってOCNモバイルONEのSMSつきに決めた。

「ガラケーと併用するので、スマホに通話はいりません。ただ、家族と連絡をとるのにLINEは欠かせない。LINEアプリは認証にSMSが必要だし、Gメールも認証にSMSがいる。最安ではないけれどSMSが受け取れるものにしました。それでも、大手の通信キャリアでスマホを使っていたときより、毎月の料金がガラケーと合わせても安くなりましたよ」

 スマホとガラケーの2台持ちは面倒。やっぱり1台ですませたいから同じ電話番号を継続して使いたい人もいるだろう。その場合は、MNP対応している格安SIMがある。

【3】おサイフケータイは基本的にあきらめる
 モバイルSuicaや楽天Edy、Waon、nanacoといった日本の携帯電話会社ならではの電子マネーは、スマホ本体にFelica(ICチップ)が埋め込まれていることで動作する。格安SIMを使う場合、新しいSIMフリースマホを買うのが標準だと思われるので、基本的におサイフケータイ機能は利用できないと考えたほうがよい。Felicaがついていない機種だからだ。

 ただし、ある使い方をするとiD以外は使える道が残っている。Felicaが埋め込まれたスマホをSIMフリー化することだ。みずから格安SIMでテストを行った人たちの報告がネット上に増えているが、それらは中古スマホをSIMフリー化したものだ。それに格安SIMを入れて各おサイフケータイのアプリをダウンロードすると、iD以外は使用できたという。その代わり、スマホをモデムのようにするテザリングの機能は使えないとも報告されている。

 しかし、おサイフケータイもそれほど強くこだわるものではないかもしれない。Felicaを内蔵していないiPhoneユーザーは、ICカード収納型ケースを使用して事実上のおサイフケータイ化を図っている。同様のことをSIMフリースマホでも実践できるだろう。

 SIMフリースマホはこれからも新機種が増える見込みだ。先ごろ発表された世界のスマートフォンシェアをみると、1位はアップル、2位はサムスン、3位はレノボ(モトローラを含む)で4位は小米だ(調査会社ガートナー調べ)。3位と4位のスマホは今のところ日本で販売されていないが、どちらの幹部も日本市場進出に意欲をみせている。SIMフリーが広がることにより、ユーザーの選択肢はますます増えそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
格安スマホとキャリア新料金プランの注意点を専門家が解説
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘
日本でスマホ普及が海外のように進まぬ理由はiモードが原因

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP