ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストーカー 男女の割合はほぼ同じだが男性はあまり相談せず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年注目される凶悪ストーカー事件のほとんどは、男性が女性をストーキングするというものだ。しかし、「ストーキングする女性と男性の割合はほぼ同じ」と言うのは、ストーカー問題に詳しいNPO法人「ヒューマニティ」理事長の小早川明子さんだ。

「統計では女性が加害者であるケースは約1割ですが、私たちが受ける相談件数としては15年前にこの仕事を始めたときからずっと変わらず男女半々です」

 警視庁の統計を見ると、ストーカー行為者の性別は女性が13.6%(2012年)と圧倒的に少ない。しかし、これはあくまで警視庁に“被害者が相談”したケースのみの数字だ。

「女性は“刺されるんじゃないか”、“殴られるんじゃないか”という肉体的暴力を恐れて相談しますが、男性はそういう恐怖をあまり感じておらず、むしろ“周囲にバレたくない”などと考え、相談しない人が多いのではないでしょうか」(小早川さん)というように数字として表に出てきにくいと思われる。

“情が深い”女性こそがストーカー事件の加害者になることがあるようだ。

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ストーカー保険はカメラや防犯装置、弁護士相談費用をカバー
ストーカーの傾向は孤独に対する弱さや無職で暇なケース多し
「ストーカーは虐待された経験が傷になっている」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。