ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花! 花! 花! 蘭で埋め尽くされた“浮遊する庭園”を体験したった

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』
みなさん、こんにちは。ユーザー記者ユニット・JASTのあおいたんと申します。

今、東京・お台場にある日本科学未来館で『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』が開催されています。

チームラボさんは、デジタルを駆使してさまざまな作品を生み出す、ウルトラテクノロジスト集団。あの「情熱大陸」で特集されたり、紅白に出演したの映像演出を担当したりと、大活躍している会社です!

そのチームラボさんによる企画展、当初は3月1日までの会期だったのですが、来場者数20万人を突破するという大反響を受けて、なんと3月7日から5月10日までを後期として延長決定! さらに、後期からは最新作「Floating Flower Garden-花と我と同根、庭と我と一体と」が展示されてます。

Floating Flower Garden」ってなに?

浮遊する無数の生きた花々が、空間に埋め尽くされている浮遊する庭園。
2300本以上の花々は、空間に浮遊しながら咲き渡っている。草花は生きており、日々成長している。鑑賞者が、花が埋め尽くされている空間に近づくと、鑑賞者の近くに浮遊している草花は、一斉に上がっていき、鑑賞者中心に半球状の空間が生まれる…

『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』公式HPより

あおいたん 浮遊する庭園?!すごそう!!!
 体験したい!!!

ずっと気になっていたチームラボさんの「踊る!アート展」。これは行くしかない!!! 早速JASTから私・あおいたんと、天狗マスクの(〇д〇透)が体験してきました!

【ニコニコ動画】チームラボの最新作がヤバイ!

圧倒的な花の密度と匂い! 「Floating Flower Garden」

「Floating Flower Garden」を体験するべく、暗い部屋から展示室への扉を開けると、そこは白い空間と空間に埋め尽くされている無数の花々でした。その数、2300本以上!

すごい!!!!

部屋いっぱいの花で埋め尽くされていて、数m先が見えません!

むせ返るような花の匂いに圧倒されながら、ここ、本当に通れるのかな…とおそるおそる近づくと、人の動きに合わせて浮遊していた花が上がっていき、ぽっかりと空間が生まれました。まさに、花のドームです。

使用されている草花は、すべてラン科の植物で、土がなくても充分な湿度を与えると生き続けるらしく、展示されている今も成長しているんです。この花に囲まれた素敵な空間で愛の告白などはいかがでしょうか!

チームラボ代表・猪子寿之さんによると、この展示にはオリエンタルモーターさんの技術が使われていて、天井に設置されたモーターによって、機械的な動きではなく、重力を感じさせない自然な動きを可能にさせているとのこと。

床や壁だけで見せる平面なアートではなく、誰も手をつけなかった空間を使ったデジタルアートになっています。

写真や映像では伝えきれない、この花の密度や匂いをぜひ体験してみてください!

お絵かきふなっしー」でJASTなっしー誕生!


そして、大空間で展開されるアートを見たあとは、思いっきり遊びましょう!

もともとはお正月限定だった「お絵かきふなっしー」も、好評につき後期まで会期延長されていたので、早速プレイ!

「お絵かきふなっしー」は、過去に披露された「3D お絵かきタウン」や「お絵かき水族館」と同じく、自分で描いた絵がスキャンされて、展示されているディスプレイに登場して動き出すという作品。

絵の苦手な方でも大丈夫です! 塗り絵感覚でふなっしーの黄色い枠内を描きましょう。

枠内であれば文字を書いても反映されるので、自分の名前を書いて作品に登場させてみるのもオススメです!

さらに絵をタッチすると光ったり、動き出します。ふなっしーの曲に合わせてダンスをするアニメーションは見逃せません。

自分の描いたふなっしーが自由に動きまわったり、他の人が描いたふなっしーとコミュニケーションを取ったりしている様子は、とっっっっってもかわいいです!

作品を背景に、一緒に記念撮影してみてはいかがでしょうか。

観て触って体験するアート作品!


他にも、「踊る!アート展」では、「Floating Flower Garden」や「お絵かきふなっしー」と同じように、ただ鑑賞するだけではなく、自分たちが関わることで作品が変化するという“インタラクティブ”作品がたくさん!

追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 – Light in Dark


「マクロス」シリーズなどでお馴染みのスーパーアニメーター・板野一郎さんが確立した「板野サーカス」と言われる大迫力の動きを、映像と空間を使って3次元で再現した作品。

花と屍 剝落 十二幅対

花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に-Tokyo

コンピュータプログラムによってリアルタイムに描かれ続け、2度と同じ状態を鑑賞することができない、変化し続けるアート作品など、目が離せないものばかりでした!

身体を動かす「学ぶ!未来の遊園地」!


「学ぶ!未来の遊園地」にも、体を思いっきり動かしてアートを体感できる作品が盛りだくさん。

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり


次々に現れる象形文字をタッチすると、その文字に応じたアニメーションが始まるインタラクティブな作品。

水中に浮かびあがる○、△、□を踏んで遊ぶ「天才ケンケンパ」。

叩いたり転がしたりするとボールの色が変わったり音が鳴ったりする「光のボールでオーケストラ」。

会期が延長され、春休みやGW期間中も体験できるチャンス! ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

引用元

花! 花! 花! 蘭で埋め尽くされた“浮遊する庭園”を体験したった

関連記事

来場者数20万人突破! チームラボと日本科学未来館の大型企画展
ようやく胸を張れる時代がきた 白熱するゲーム実況の歴史を生主が解説!
美人ニコ生主が挑戦! ゲーム実況の縛りプレイをリアルに再現してみた

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP