ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マドンナやU2のマネージャー、ガイ・オセアリーとアシュトン・カッチャーが新VCファンドを設立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

マドンナやU2のマネージャー、ガイ・オセアリーとアシュトン・カッチャーが新VCファンド「Sound Ventures」を設立

俳優のアシュトン・カッチャーと、マドンナのマネージャーでビジネスパートナーのガイ・オセアリーが共同でベンチャーファンド「Sound Ventures」を立ち上げました。

2人(+ロンバークル)は2011年にVCファンド「A-Grade Investment」を設立して、SpotifyやShazam, SoundCloud、Genius, さらにAirbnb, Uberなどスタートアップのアーリーステージへの投資を行ってきました。

Sound Venturesではより組織だった資金の調達を行う見込みだそうです。例えば他のファンドにも参加しているリミテッドパートナーからの出資を重要視するなど、より形式的なVCファンドとしての運用を計画している模様。

その代わりにSound VenturesではシードやシリーズA以降のステージでの投資や、巨額の投資額の運用が実現可能になると見られ、これまでのようなスタートアップのアーリーステージ以外から出資ができることで、企業の成長を手助け、高い投資リターンを得ることができると考えられます。

ガイ・オセアリーは、マドンナのマネージャーとビジネスパートナーとして、ライブ・ネイションとの巨額な360度契約を成功させた実績があります。また2013年からはU2のマネジメントをポール・マクギネスから引き継ぎ、賛否両論を巻き起こしたアップルとのアルバム無料ダウンロードを実現させた戦略家として、音楽やテクノロジー業界で知られる人物です。

関連記事
アップルと1億ドルの音楽配信契約。U2マネージャーのガイ・オセアリーが仕掛ける音楽マーケティング戦略の可能性と不安

image by Wikimedia

■記事元http://jaykogami.com/2015/03/10911.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP