ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語がどんどんわかる、ネイティブのやり方とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 英語ができるようになるには、ネイティブのやり方をまねるのが一番だと言われている。
 しかし、あなたは、ネイティブがどういうふうに英語を理解しているのか、ご存じだろうか?

 そんな日本人の疑問に答えるべく、日本で日本人に30余年英語を教え続けている英語本ベストセラー著者、デイビッド・セイン氏が、日本人向けに独自のメソッドを提案している。それが「英語サンドイッチメソッド」だ。

 セイン氏によれば、ネイティブは英語を日本人のように「文章単位」でも「単語単位」でも考えていないという。ではどういうふうに捉えているのかと言うと、実は「意味のかたまり」単位なのだという。

 例えば、
One reason is that hot soba and ramen should be eaten while piping hot to enjoy the entire flavor.
という文章の場合、ネイティブは次のように捉えて理解しているという。

One reason is that
その理由のひとつは

hot soba and ramen should be eaten
熱いそばやラーメンは食べた方がいい

while piping hot
熱いうちに

to enjoy the entire flavor.
風味を最大限に堪能するために

 この、ネイティブが英語を理解する感覚が体験できるのが、『CDブック 聞くだけで話す力がどんどん身につく 英語サンドイッチメソッド』(アスコム刊)だ。

 このCDを聞くことで、ネイティブがどのように英語を聞いて、理解しているのかを実際に体験できるという。英語と日本語を交互にしたサンドイッチ状態の音声が流れるので、聞き流すことなく英語がしっかり頭に入ってくる。
 英語を聞いたり話したりする時の「コツ」が体得できるようになっている本書。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか?
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「Okay」を頭につけるとケンカ腰に 日本人の「ヘンな英語」を克服しよう!
ビジネス英語が中学英語で通用する?!
東京の街にあふれる「ちょっとヘンな英語」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP