ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽に関する調査、45.5%がCDを購入〜ネオマーケティング調べ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アンケートサイト「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは、2015年2月25日~2月26日の2日間、全国の20~40代の男女600人を対象に「音楽」をテーマにした意識調査を行った。

まず、どんな時に音楽を聴きたいと思うかについて、全体の1位が「リラックスしている時」で70.8%、2位が「車に乗っている時」で55.8%、3位が「電車やバスに乗っている時」で36.2%となった。20代は睡眠前や入浴中の割合が高く、より癒やしに音楽を求める傾向があるようだ。

音楽をどのように入手しているかについて、全体では「CDを購入」が45.5%、次いで「レンタルショップで借りる」が40.3%、「インターネットでダウンロード購入する」が34.5%となった。年代別に見ると「CDを購入」(49.5%)するのは比較的30代に多くみられたようだ。

調査概要
調査の方法:「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の男女20歳~49歳
有効回答数:600名
調査実施日:2015年2月25日(水)~2月26日(木)

関連リンク

アイリサーチ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP