体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本気で叱ってくれる人が、大切な存在。余命半年の教授がおこなった「最後の講義」

150320_speech-randy-pausch

末期ガンで、余命半年を宣言されたランディー・パウシュ教授が2007年9月18日に行った文字通り「最後の講義」。この講義は、勇気と感動を与えるすばらしい内容であると多くのメディアで取り上げられ、今も尚語り継がれている。

テーマは「子供のころの夢を実現させる方法」。子供時代の夢をどう実現してきたか。それを元に、今までの人生を振り返りながら「どう生きるか」という人生の教訓を語っていく。

彼が伝えたいことはざっくり言うとこうだ。

この動画で伝えていることは、

1 余命数カ月と宣告された教授が、教え子にむけて語った最後の講義。その中で、彼は夢の実現の仕方を語っている。

2 夢を叶えるためには、とにかく自分から動くこと ・叱ってくれる人は大事な存在 ・壁はあなたの本気を証明するためにある ・先頭に立つものは矢を撃たれる ・子供のような探究心を忘れないこと、が大切。

3 今日から始めたい教訓として7つ語っている。
その内容は、
1.フィードバックを素直に聞き入れること
2.感謝を示すこと
3.文句を言わないこと
4.何かに秀でること
5.一生懸命働くこと
6.人の長所を見つけること
7.準備を怠らないこと

約1時間半の少し長い講義だが、とても末期ガンだとは思えないエネルギーに溢れ、見るものを釘づけにする。ここからは彼がかたった大切なことをまとめた。最後の講義をぜひ、見て頂きたい。 

Untitled

(最後の講義)

(卒業式のスピーチ)

実現したいなら
とにかく自分から動くこと

子供の頃の一つ目の夢は、「無重力の世界へ行くこと」でした。当時から視力が悪かったので、宇宙飛行士になろうとは思っていませんでした。

ある時、NASAが行ってる大学生向けの企画コンテストで優勝すると、トレーニング飛行を体験させてもらえるということを知りました。早速学生たちに企画をさせたら見事優勝!これで夢が実現すると思ったら、教授は一緒には乗れないことが判明しました。 

Space Shuttle 30th Anniversary

とても落ち込みましたが、どうにかならないかと規約を読み直すと、ジャーナリストなら1名連れて行っても良いということが分かりました。

そこで私は、NASAに連絡し「指導教官としての辞表を提出し、ジャーナリストとしての応募書類を提出します」と伝えました。最初は呆れられましたが、交渉の末、取引に成功したのです。

叱ってくれる人は、
大切な存在

二つ目の夢は「NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)でプレイすること」でした。実現はしなかったのですが、その過程で多くのことを学びました。

コーチはいつも私を、とても厳しくしごきました。でもある時、アシスタントコーチが私のところに来て言ったのです。「コーチにだいぶしごかれてたみたいだね?それはいいことだ。君がへまをしでかして、誰も君にそれ以上やれと言わなかったら、それは君に見切りをつけたってことだからね」と。

Family Golf - Evening View of Golf Ground
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会