ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】スマホ1つで完結!就活をスマートにする支援アプリ「attache」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学生の就活スケジュールが、本年度より大きく変わろうとしている。これまで3年時の12月に解禁されていた採用情報配布や説明会が、3か月先に後ろ倒しされたのだ。

学業を優先するためとはいえ、学生にとって、これは高いハードル。期間が短縮された分、今まで以上に迅速かつ、効率良く活動していかなければならないからだ。

そうなると、よりスムーズなやり方が必要になってくるだろう。そこで、紹介したいのが、「attache(アタッシュ)」というサービス。気になる説明会の出席登録から資料のダウンロード、履歴書の提出まで、すべて一括で行うという、新時代の就活支援アプリである。

今月6日に開催された「渋谷就活フェスタ」で、正式にリリース。イベント時の様子も含め、開発元のギブリー、取締役COO兼CHOの新田 章太(にった あきひろ)氏に、詳しい話を聞いた。

・就活に必要なアクションをすべてアプリで完結

Q1:「attache」開発のきっかけと経緯について、お聞かせください。

ギブリーは、「社会を豊かにする人のための成長エコシステムを創造すること」をビジョンとしており、その中で私は、「エンジニアが中心となり、テクノロジーを駆使したサービスを創ることが、さまざまな業界にイノベーションを起こし、社会をより豊かにする」と考えています。

そのような人々の成長を支援する上で、まずはギブリーが事業として、社会に価値を提供できるエンジニア集団の手本となるべく、既存事業の改革のために、会社の中でハッカソンを実施したのが、事業立ち上げのきっかけです。

実質、ハッカソンの2日間で企画からプロトタイプの開発までを、私を含めた4名のチームで行いました。そして社内のコンペで優勝し、リリースまでこぎつけたのが、今回のサービス提供の経緯です。

Q2:「attache」とは、どんなサービスなのでしょうか。

「attache」は、「アタッシュケース」に由来しており、その名の通り、「就活カバン」をモチーフにしています。就職活動を展開する際に、「就活カバンに入っているすべてのものを、アプリで完結させてしまおう!」と思い、開発しました。

「attache」では、「就活って、もっとスマートでいいと思う」というコンセプトの下、就職活動で生じるすべての無駄を排除し、このアプリを利用するだけで、就活が完結するサービスをめざしています。(中略)

ユーザーは、ログイン後すぐ、面白そうなイベントを探せますし、気になった企業に自分の情報を提供することも可能です。企業側は、多様な媒体によって分散しがちな求職者の情報を、iBeaconを使った出欠管理機能で、スムーズに管理することができます。

・本来の就職活動に専念できる仕組みを提供していきたい

Q3:「渋谷就活フェスタ」での反響は、いかがでしたか?

学生からの率直かつ最大の意見は、「アプリが重たすぎて使いづらい」でした。

基本的なサーバー負荷への対応は、予測していたのですが、結果として、最大同時アクセスにスムーズに対応できていなかったのだ、と深く反省しております。

また、企業の方からも「管理ページの使い方がわからない」など、サービスの使い勝手が悪い、というご意見を多くいただきました。もっともっと、皆さんが使いやすいものに改善していかなければ、と思っています。

Q4:今後の展開について、教えてください。

それに関しては、2つ考えています。1つは、「企業と自分を知る場」を増やす展開をしていくことです。そのために、履歴書やポートフォリオの入力といった、作業自体もなくしていきたいと思っています。(中略)

2つ目は、「お互いを理解する場」を増やすことです。その際、最も重要なのは、コミュケーションです。例えば、動画やオンラインでの会話ができたり、チャットでリクルーターやOBとやりとりするなど、人と人が生み出すコミュニケーションによって、相互理解を深められるようにしていきたい、と思っています。

これらが、私が考える就職活動の本質的な活動内容で、今後はそれを、より多くの方々に提供していく所存です。

 attache – あなたの就活をもっとスマートに -

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。