ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルが受けたトミー・ジョン手術 復活する選手の共通点とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が肘を故障し、17日にトミー・ジョン手術(※注)を受けた。今回のダルのケースも入れれば、2014年1月以降手術を受けた選手は34人(野手含む)に上る。

【※注/米国人外科医、フランク・ジョーブ氏によって考案された肘の靭帯再建手術。損傷した靱帯を切除し、別の部位から正常な腱の一部を摘出して移植する。1974年に初めて手術を受けたトミー・ジョン投手にちなんでそう呼ばれる】

 投手にとって肘の故障が避けがたい宿命だとしても、心配されるのが、手術後にまた同様の活躍ができるかどうかだ。

 興味深いデータがある。近年MLBでは、手術を経た復帰選手が以前より成績を残すケースが増えている。近年の例を紹介しよう。

手術年/投手/手術時年齢/術前の成績(勝・敗・セーブ・防御率)
→術後の成績(同)
■2009/ジマーマン/23/3勝5敗0セーブ・4.63
→54勝45敗0セーブ・3.00
■2010/ストラスバーグ/22/5勝3敗0セーブ・2.91
→38勝27敗0セーブ・3.20
■2011/Jラッキー/33/126勝94敗0セーブ・4.10
→24勝23敗0セーブ・3.6
■2011/ウェインライト/30/66勝35敗3セーブ・2.97
→53勝31敗0セーブ・3.00
■2012/Nフェリース/24/10勝7敗74セーブ・2.61
→2勝1敗13セーブ・1.73

『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など野球関連の著書が多いライターの広尾晃氏はこう語る。

「代表的なのが手術直後にオールスターに選出されたストラスバーグや、2013年に最多勝を獲ったジマーマンの成功例です。

 成功した選手たちに共通するのは、若いうちに手術しているということです。一見当たり前に思えるかもしれませんが、日本人選手はピークを過ぎてから手術を受けることが多い。日本人選手でも田澤純一のように20代で手術した選手は復活して好成績を挙げています」

 8月で29歳になるダルは、手術後に復活を遂げるギリギリのタイミングかもしれない。

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中将大が受けるべきかで論争 トミー・ジョン手術とは何か
F.ジョーブ博士の手術 日本人で初めて受けた投手の通算成績
ヤクルトの館山 「トミー・ジョンTシャツ」を投手陣に配る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。