ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビールの味わい細分化 若者が抱く苦味イメージ払拭できるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リーマンショック以降に“家飲み需要”が増えたことや、若者の生活スタイルが変化してきたことなどにより、日本人のお酒に対する嗜好は年々多様化している。特に、アルコール消費量の中でもっとも多いビールは、味わいの進化が目覚ましいカテゴリーといえる。

 長年ビールを飲み慣れたヘビーユーザーに聞けば、「キレ・コク・辛口」と、ビールに求めるキーワードは決まってくる。その一方で、若年層を中心にビールが苦手という人にとっては、固定された苦味イメージが“飲みにくさ”に繋がっていたのは確かだろう。

「職場の同僚や男性の友達と飲みに行くとき、最初の1杯はビールを注文する人が多いので私も付き合いたいのですが、どうもビールの独特な臭いや苦さがダメで、チューハイを頼んでしまいます」(30代女性)

 だが、同じビール類でも原料の種類や製法の違いなどによって、さまざまな味わいが楽しめるようになってきたのは朗報だ。

 麦芽の比率を変えた発泡酒、麦芽の代わりに大豆やトウモロコシなどの原料を使用している第三のビールなどは、従来のビールに比べて低価格なうえ、スッキリとした「のどごし」や飲みやすさを追求したビールとしてファンも増えている。

 さらに、店頭をのぞけば、造り手の個性が詰め込まれたクラフトビールや海外の個性的なビールも多数並んでいる。ビールの選択肢が増えたことで画一的なビールのイメージも払拭されつつあるのだ。

 そんなビール市場で、いま新たに「フレーバービール」という新しいジャンルが形成されようとしている。

 サントリーはビールの“飲み応え”にレモン風味を加えて爽やかな後味に仕上げたビアテイスト飲料『サントリー ラドラー』を3月24日から発売する。「ビールにレモンって合うの?」と思う人もいるかもしれないが、同社によれば〈近年ヨーロッパなどで若年層や女性を中心に人気が拡大しており、人気が高まっている〉という。

 確かに、ビールにフレーバーをつけた世界の飲用スタイルを調べてみると、レモンのほか、さくらんぼやイチゴ、バナナなどのフルーツから、はちみつやチョコレートといった香味バリエーションまであることに驚かされる。

 日本ではこうしたビールが市民権を得るところまでは広まっていないが、そもそもビールの新しい「飲み方提案」を積極的に行ってきた先駆者はキリンだ。

 ノンアルコールビールの『キリンフリー』のヒットに始まり、生ビールの泡を凍らせた『一番搾り フローズン〈生〉』などを次々と紹介し、ビール市場の復権を目指してきた。

 そして、昨年11月に発売したフレーバービール『キリンフレビア―レモン&ホップ』も、ビールの新しい価値を創造する同社の事業方針の下で開発されたチャレンジだ。

「フレーバービールをカテゴリー化し、市場が広がるようにフレビアという造語のネーミングにしました。

 ベースとなる発泡酒とレモンの味覚の最適化に苦労しましたが、キリン有史以来のブリューイング(醸造)技術や『キリン氷結』で培ったブレンディング技術が活きました」(キリンビール・マーケティング部の商品開発担当者)

 フレビアはキリンとセブン&アイ・ホールディングスが協業して先行発売したもの。20~30代を主なターゲットにしており、「ビールにレモンの風味が加わったことで飲みやすい」(20代消費者)と評判も上々。前出のキリン担当者は、

「ビールの苦手な若年ユーザーに自分たちのブランドとして楽しんでいただき、新しいコミュニケーションツールになるよう期待している」

 と意気込む。間もなく花見シーズンも到来するが、今年はさまざまな種類のビール、とりわけフレーバービールを片手に乾杯する若者たちの姿が多く見られるかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
毎日30種の樽生ビールが揃うお店 一律グラス480円が嬉しい
地ビール飲むときは「ゆるゆると味や香りを楽しんで」と店主
ノンアルコールビールバカ売れ 2倍の上方修正も楽々突破

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP