ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

周りから「デキる人」と思われるための元が取れるモノ選び術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春らしさが感じられるようになり、新年に次いで新たなスタートを感じる「新年度」が近づいてきた。異動や転職といった職場環境だけでなく、引っ越しなど生活の変化も多い。そうした環境的な変わり目は、自分自身の“ライフスタイル”や“見せ方・見られ方”を変えるタイミングとしても適しているだろう。せっかくのチャンスであれば、良い印象を与えられるように、ちょっとだけ背伸びもしてみたい。

 そこで、シンクタンクや証券会社のリサーチ部門に在籍、マーケットアナリストの経験を持ち、現在はライフスタイル誌やマネー誌を中心に活躍するライター・松岡賢治さんに、「周りから“デキる人”と思われるためのモノ選び」について話を聞いた。

「ビジネス用のシューズは消耗品と考えて、合成皮革などの安物で済ましている人も多いと思いますが、安い靴はひと目でわかり、大きなイメージダウンにつながります。やはり、きちんとした革靴を履くべきです。そこでオススメなのが、国内メーカーのヒロカワ製靴が展開する『SCOTCH GRAIN』(スコッチグレイン)。手間と技術が必要なグッドイヤーウェルト製法で作った本格靴を、2万円台からラインナップしていて、海外ブランドでは考えられないコストパフォーマンスを実現しています。

 その中でも特に推したいのが、雨に強い『シャインオアレイン』シリーズ。靴の底(=ソール)はゴム製なので、梅雨など雨の多い日本では抜群の耐久性を発揮しますし、駅構内の床でも滑りにくい。また、グッドイヤーウェルト製法はソールの交換が可能ですから、長く使えます。安物を履きつぶすより、結局はお得になる。さらに、国内では4か所にアウトレット店があり、運が良ければ1万円台で買えることもありますよ」(松岡さん)

 最近ではある程度の格式のある場所でも、ジーンズやスニーカーでも出入りできるが、昔からある基準のひとつとして「手入れのされた、きちんとした靴を履いているか?」を見て、人となりを判断するという意見もある。ビジネスで出会う年長者の中には、そういった価値観から“第一印象を決めるために、チェックする”というタイプも少なくないだけに、押さえておきたいポイントだ。

「見た目を重視するならビジネスバッグは、ナイロン製よりも革製。また、カジュアルなトート型よりも正統的なブリーフ型が良いでしょう。さらに、デザイン性に優れ、価格があまり高くないものとなると、国内ブランドが選択肢になります。オススメは『aniary』(アニアリ)。比較的若いブランドですが、すぐに実力が評価され、三越伊勢丹の売り場に並びました。最大の特徴は、一見して伝わる上質な革のクオリティ。カラーバリエーションもあるので、女性にもオススメですね」(松岡さん)

 こちらもビジネスシーンでは、書類の出し入れなどで、取引相手の視界に入りやすい。それだけに“きちんと感”を演出できる持ち物として、優先したいアイテムといえそうだ。

「持ち物も大事なのですが、“デキる”ビジネスパーソンとしては、お金の支払い方にも気を配りたいところ。普段の買い物や飲食には、なるべくクレジットカードや電子マネーを使って、ポイントを貯めながら、スマートに支払いをしたいものです。そしてカード選びで大切なのは、『ポイント還元率の高さ』『ポイントの貯めやすさ』『貯めたポイントの使いやすさ』の3つ。それらの条件を満たして、さらに“見栄えもいい”というところでは、NTTドコモが発行している『DCMXゴールドカード』がオススメです。

 クレジットカードと電子マネー『iD』が一体化しているので、コンビニなどの少額決済では電子マネー『iD』を使い、それ以外の買い物や飲食代の決済にはクレジットカードを使うといった、使い分けが1枚で可能です。どちらで決済しても利用金額の1%分がドコモポイントとして貯まり、ポイントの取りこぼしもありません。また、ドコモユーザーであれば、毎月の携帯電話料金の10%のポイントが付くのも大きな魅力です。ゴールドカードなので年会費は1万円かかりますが、仮に携帯電話料金が月々9000円の場合、それだけで年間1万800ポイントになり、年会費分の“元”はカンタンに回収できます」(松岡さん)

 ゴールドカードをサッと出し、スマートに会計する――憧れはするものの、年会費と特典を眺め「“元は取れるのか?”と計算しては、断念する」といった人は多そうだが、10%のポイント還元率が毎月必ず使う通信費に適用されるのであれば、そのハードルはクリアしやすい。こうした“元が取れる”ワンランク上のモノを選べることが、“デキる人”だと松岡さんは語る。

「今回紹介したものの中には、『今の自分には、ちょっと高いかなぁ』と思うモノもあるかもしれません。でも上質なアイテムの“費用対効果”をきちんと計算できて、使いこなせるというのは、それだけで“賢い人=デキる人”の印象を与えるポイントだと思うんです。そうした視点を養っていくことで、“デキる人”に見える――から、本当の“デキる人”になれますよ」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
服や本を目利きが選ぶ「おまかせ消費」が拡大している背景は
ドコモCMで人気の2CELLOS 日本のCMテクノロジーを絶賛する
里田まい 服は10着しか持っていない説もこれぞセレブの証

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP