体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#15ヨガ

031901

五千年の歴史があると伝わるヨガ。かの釈迦もヨガ愛好家だったし、禅も元を辿ればヨガの一行法だという。
言わば、ヒーリング界の鉄板といった分厚い存在感を示すヨガ。私も二十代から興味を持ち続けていたのだが、実際始めたのは四十の声を聞いてからだった。
なにしろ人一倍体が固く、部分的にはプラスチック製かと思われるほどだったので、ヨガの超人的な柔らかさを示すポーズのイメージから、興味はあれども敬遠せざるをえなかった。
だが、いつまでも門前で踵を返してばかりもいられないだろうと、ハーフ大決心して(一大というほどではない)二年前の年暮れにインドのヨガタウンとして名高いリシケシに赴き、一ヶ月間滞在してしまった。
その滞在中の詳しい出来事などは、後日に紙幅を用意するとして、ここでは割愛させていただくとしよう。
結果から言えば、リシケシでの滞在は素晴らしく、いつも脇にヨガマットを抱えている姿が少しは様になったように思う。
女性のヨガの愛好家をヨギーニと呼ぶのに対し、男性はヨギと呼ばれる。私はわずか一ヶ月のヨガ体験でしかないのに、ちょっとしたヨギな気分でインドから帰り、ほぼ毎朝ヨガをするに至っている。ちなみに沖縄には与儀という地名があり、通りかかるとリシケシを思い出す人は私の他にどのくらいいるのだろうか?
ここではスペース上の理由から、ヨガの歴史、効果、流派などのついての解説は省略するが、これから始めたいという人には、何でもいいから始めたらいいです、と本心から思う。
それがどういう動機であれ、まずは門をくぐることからしか始まらないとして、流派などは最初はこだわらなくてもいいと思う。出来たら2、3クラス見て回るのがよりいい。クラスやインストラクターの雰囲気は結構違うが、自分の直感で選べばいい。
汗をたっぷりかかせてくれるフィジカル負荷の高いヨガも私は好きだし、瞑想的に自分とゆったり向き合えるヨガも大切だ。それぞれの特性を見極めた上で、いろいろ使い分けするのもいいと思う。
リシケシでは日替わりに飛び込みで数多のクラスを受講できたので、旅行を兼ねて、いきなりインドもありかもしれない。インドにも多くのヨガタウンがあるが、リシケシはヨガデパート的な場所で、流派やクラスが選り取り出来るメリットがある。こういう街は意外と無く、例えばマイソールはアシュタンガヨガと決まっている。

2ページ目につづく

031902

さて、前述したように私の体は信じられないほど固かったのだが、ヨガをやり続けていることで、なんとか常人なみの固さになったように思う。
ヨガの話題になると、体が固いから無理だと思っている人が、意外というか、やはりというか、とても多い。結論から言うと、ポーズを完成させることは最重要ではない。正しい体の方向付けは必要だが、完成はその延長線にあっても目的ではない。このことは多くのインストラクターが口を揃えて言うので、間違いないだろうし、自分も納得している。
話の流れが前後してしまうが、そもそもヨガはポーズを取ることと誤解されているが、それは奥深いヨガの一面に過ぎない。
ちょっとだけ解説すると、ヨガには8段階(アシュタンガ)と呼ばれるプロセスがあって、アーサナと呼ばれるポーズを取るヨガは3番目に数えられる1プロセスに過ぎない。ちなみに到達点である8番目はサマディと呼ばれ、悟りの状態に達することを言う。1つ手前の7番目は瞑想のディヤーナであり、瞑想だけでもかなり立派なヨガなのだ。
さすがにサマディとなると、むしろ宗教的な興味の範疇に入ってくるだろう。ここでは、ヨガとして一般的に認知されている三番目のアーサナと呼ばれるポーズを中心としたヨガを語るに留めようかと思う。
私が毎朝やっているのは、基本的かつ到達的でもある太陽礼拝というやつだ。ほぼこれしかやっていないと言っていいだろう。体の各部をバランス良く刺激出来るし、丁寧にやることで習熟して行く楽しみも味わえる。
1つのポーズをマスターして、はい次、と行くのもモチベーションを高めるやり方だが、私はこのヨガに限っては、同じ物を繰り返しながら味わうのが好きだ。
この太陽礼拝をベースに特に刺激したい箇所があればそこに向けて別のポーズを織り交ぜていくというのが、今の自分のヨガのやり方となっているし、ヨギーニ、ヨギそれぞれに自分のルーチンや傾向があると思う。
太陽礼拝については、雑誌や書籍、ネットなどで沢山あるので、そちらを見ていただきたい。インストラクターによって、細部のニュアンスが異なるが、あまり気にしなくていいと思う。ヨガはマークシートの答案を埋めることとは真逆なので、朗らかにやりたいものだ。
で、ヨガのいったい何処がいいのか?ということだが、ざっくりと一言で済ますなら、「今に戻って来られる」となるだろう。これは私の実感でもあるし、多くのヨガを愛する人のそれとも重なると思う。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。