体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[植田真梨恵]インタビュー – 一緒に同じ闇を見ながら、それより外を目指す

待望のメジャー1stアルバムが完成! “はなしはそれからだ”というタイトルが物語るように、まずは聴いていただきたい。歌が強く、言葉がリアルで、ロックでポップ…そんな楽曲たちには彼女の“嘘のない”想いが詰まっている。

植田真梨恵 (okmusic UP's)

──“まずは聴け! 話しはそれからだ!”と言わんばかりに、いろんな意志を感じるアルバムですが、どんな作品を作りたいと思っていました? 闇と光、それも闇から見る光を感じるアルバムでした。

 まさに、そうですね。何かを乗り越えようとしている人…私自身もそうですけど、何かを始めようとしている時って不安があったりして、100パーセント希望があるわけではないじゃないですか。なので、頑張っていこうとしている人たちのために、アルバムを作りたいなと思っていたんです。実際に私もここから頑張っていくべき人間なので、一緒にそういう気持ちで、変に肩の力を入れすぎずに、楽しみながら頑張っていけたらと思って作った一枚ですね。

──それは楽曲のセレクトはもちろん、ジャケットなどのアートワークも含めて?

 はい。それぞれがそれぞれの部屋に住んでいると思うんですけど、その中から飛び出していくこと…窓の外に宇宙があるかもしれないって想像することとか、現実的じゃないことでもまずは想像していって、何かを信じたり、何かを夢見たりすることっていうのを始められるといいなと思って、アートワークも含めて考えました。

──ちなみに部屋の中に蜘蛛がいるのは?

 私がたまたま蜘蛛に惹かれた時期だったというのもあるんですけど(笑)、このアルバムは物事の移り変わりというものを意識して作っていて…冬から春になるところとか、夜から朝になっていくところとか。何か状況が変わっていく時に、その状況次第で捉えられ方が変わってくるものってあるじゃないですか。蜘蛛ってそうだなと思っていて。“朝の蜘蛛は殺すな。夜の蜘蛛は殺せ”って。だから、そのもの自体は変わらないけど、物事の移り変わりの中で捉えられ方が変わってしまうものもあれば、ずっと想いとして大切にしていくべきこと…自分の中で芯として持っているべきものとか、そういうところをなんとなくニュアンスとして入れたくて蜘蛛を入れました。

──なるほど。では、楽曲のセレクトについては?

 そもそもアルバムを作る際に「彼に守ってほしい10のこと」と「ザクロの実」という2曲のシングルを入れるのは決まっていて、メジャーに行くタイミングで書いた「FRIDAY」と「カルカテレパシー」は、アルバムの軸として入れたいと思っていたんです。そこに「プリーズプリーズ」「a girl」「さよならのかわりに記憶を消した」っていうインディーズ時代からライヴでやってきた曲も入れたいなと思って。そうやってある程度全体が見えてきてから、フルアルバムとして全体を通して気持ち良く聴けるようにバランスを取りながら書き足していって、全13曲になったという感じです。

──以前にデビューを機に曲の作り方を変えたと言ってましたが、インディーズの頃の曲は入れたかった?

 ちゃんとかたちにしてみなさんに届けたい曲が何曲かあったので。テーマとしても言いたいこととか、歌の持っているパワーという意味では、どの曲もアルバムに合っているなと思ったので入れました。

──音作りの部分でこだわったこととか意識したことはありますか? バンド感というか、生感を感じるアルバムでもあったのですが。

 そこはすごくこだわりましたね。本当に鳴っているものだけを録って出すというか、それ以上にカッコ良く加工して出すということをなるべくしたくなかったので、言い換えれば素朴で、ナチュラルに鳴っているイメージでレコーディングを進めていきました。そもそもライヴを見越してアレンジを“いっせーのーせ”でしている段階から無駄がないし、嘘のない音で勝負したいなぁと思いながら、あえて緻密に作り込まないということを意識してアルバムにしていきました。生モノに関してはですけど。

──でも、プログラミングで構成された楽曲も生感がありますよね。

 そうですね。そもそも“いっせーのーせ”の形態でアレンジしていることもそうなんですけど、聴いた時に生きている人が奏でている感じとか、より生身の温度感で伝わるような音楽に今の時代だからこそそういうものにしたいなというのが、私の中ですごく強くて。なるべくライヴ感が出るようなものでありたいなと、今の段階では私自身思っていますね。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。