ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ昭和の味! この道60年の店主が作る下町のもんじゃ焼き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月18日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、毎週月~木曜午前9時28分)で「荒川ブランドの職人巡り 大人の社会科見学」と題して、タレントの見栄晴さんが「DONDON館」(東京都荒川区)を訪れた。

 同店は日暮里駅から徒歩で7分ほど、下町情緒あふれる路地にある一風変わった隠れ家のようなもんじゃ焼き店だ。60店舗以上のもんじゃ焼き店が点在している荒川区で、店主はもんじゃを焼き始めて60年にもなる。もんじゃ焼きの講師として活躍し、これまで約40人の開業を手助けしてきた。さらにオランダ、フランスなど約10カ国に弟子がいる。店主が作る「元祖きりいかもんじゃ焼き」(1080円 税込み)の具材は、きりいか、桜エビ、揚げ玉、キャベツとシンプル。荒川もんじゃに欠かせない味付けとしてウスターソースを入れる。土手を作らず流し込み豪快に焼くのが特徴だ。

 鉄板からもんじゃをへらで取って食べた見栄晴さんは「うまい。シンプルなイカとキャベツの甘み、ほのかなウスターソース、あと桜エビに香ばしさ。これがいいですね」と下町の味覚を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:DONDON館 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日暮里のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:日暮里×和食のお店一覧
男性に大人気! 新潟ご当地グルメ「タレカツ丼&二段盛りカツ丼」
漁師の店! 網代港でとれたての旬の魚が溢れる豪快な「地魚海鮮丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP