ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

星野 源、新曲「SUN」が初のドラマ主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫
星野 源、新曲「SUN」が初のドラマ主題歌に

星野源が2015年4月水曜22:00スタートする、フジテレビ系連続ドラマ「心がポキっとね」の主題歌に新曲「SUN」を書き下ろしたことが明らかになった。

音楽家、俳優、文筆家など活動の幅を広げ続け、今最も注目の星野源が、初のドラマ主題歌に挑戦。音楽家としては日本武道館ライブ、横浜アリーナ2DAYSライブも即完させ成功させているが、連続ドラマの主題歌を担当するのは意外にもこれが初となる。学生の頃から音楽活動を続け、幅広い表現力と非凡な音楽的センスを持ち合わせた星野の新曲が、どんなドラマ主題歌を繰り出してくるのか大いに注目だ。

星野が主題歌のオファーを受け、台本を読み込んで書き下ろしたという新曲は、春の季節に心も体も勝手に踊りだす、最高のダンスナンバーに仕上がった。そして、暗闇から希望の光が差していく世界を描いた歌詞も魅力の楽曲だ。普通の生活・日常を音楽や歌詞で表現し、星野源独自の世界観に共感する熱狂的なファンが多いが、この「SUN」でさらにそのファン層が広がるに違いない。3月25日放送の「残念な夫。」最終回後に流れる「心がポキッとね」初回予告映像の中で、曲の一部がオンエアされる。

「心がポキッとね」は、阿部サダヲ主演、共演には水原希子、藤木直人、山口智子他、という、豪華なメンバーで送る“病んでるオトナ”のラブコメディー。心に痛みを抱えて生きる現代人すべてに贈る、人生への応援歌だ。過去の失敗や心の傷のせいで不器用にしか生きられない、面倒くさいオトナたちを、脚本・岡田惠和(おかだ・よしかず)と、監督・宮本理江子という「最後から二番目の恋」のコンビが描き出すことでも話題となっている。

星野源コメント
自身初めてのドラマ主題歌をこの作品で飾れること、とても嬉しく思います! 壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、すべてを忘れて楽しく踊りまくる姿を想像しながら作りました。

阿部サダヲコメント
撮影中の現場のあったかい雰囲気と源ちゃんの曲、すごい合う気がします!
どんな歌詞で「ポキっと」感を 歌ってくれるのかとても楽しみです!!

森安彩プロデューサー(共同テレビ)コメント
独特な表現の歌詞と豊かなメロディー。そこには星野源さんならではの世界観と強い個性が感じられます。それでいて聴いている人の心に無理なくスーッと入り込んでくるしなやかさと他者への優しさがあります。星野さんの音楽を聴いていると、不器用ながらもひたむきに日々を生きる人々の姿が目に浮かんできます。私たちのドラマはまさにそんな人々を描いています。ストレスフルな現代社会の中で、挫折も失敗もたくさんしてきたいわゆる“病んでる”大人たち。欠点だらけの四人の個性的な男女が幸せを模索するラブコメディー。星野さんの音楽は、そんな物語にさらに親近感とあたたかさを添え、世界観を豊かにしてくれると確信しています。今回の楽曲も素晴らしいです!

関連リンク

星野源 オフィシャルサイトhttp://www.hoshinogen.com/
星野源 レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Artist/A023121.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。