ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食品への放射線影響 その実態は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東日本大震災から丸4年。復興に向けた歩みが続く一方、一部ではいまだに「風評被害」が続いている。その代表格ともいえるのが、食品に対する風評被害だ。とりわけ、福島県産農産物に対する風当たりはいまだに強いという。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし現在、食品に含まれる放射性物質は国際基準に基づいて各自治体が検査し、基準値を上回ったら“生産地ごと”出荷を止める仕組みが運用されている。月平均1万8000件の検査が行われ、厚労省のサイトでは検査結果を毎週公表。最近はイノシシ肉などごく一部を除けば、ほとんどが基準値を下回っており、基準値超えの農産物については出荷制限が随時行われている。

にもかかわらず、いまだに不安視する消費者が一定数おり、その割合はこの3年変わっていないという。福島県商工連合会が平成24年から昨年まで3回にわたり、首都圏在住者500人に調査したところ、福島県産の加工食品を「買わない」と答えた人が30.4%→30.2%→30.6%と同水準で推移している。

なぜそんなことがいつまでも続いてしまうのか? 「安心と安全は別もの」と言われる通り、「放射性物質」という“目に見えない悪しきもの”への不安がそれだけ大きいということだろう。その気持ちは一人の消費者として筆者もわからなくはない。

ただその一方、目に見えないものであるがゆえに、実態以上に不安が増幅している面に違和感を覚えることもある。そもそも微量の放射性物質は、自然界にも存在しているものである。当然のことながら食品にも含まれており、我々は通常の食生活で年間0.4ミリシーベルト分くらいを体内に取り込んでいるという。仮に100年生きるとのべ40ミリシーベルト相当となるが、それでも食品安全委員会が「健康に影響のある生涯累積被ばく量」とする100ミリシーベルトは大幅に下回っている。

ちなみに、食品から摂取する放射性物質の影響が原発事故後にどれくらい増えたか厚生労働省や日本生活協同組合連合会などが調査したところ、年間で0.003~0.02ミリシーベルトの増加だったという。ごく単純にいえば、多めに見積もっても「年0.4ミリシーベルト」が「年0.42シーベルト」に微増した程度といえる。100年生きた場合の生涯累積被ばく量が「40ミリシーベルト」から「42ミリシーベルト」に増えても、100ミリシーベルトに遠く及ばない点は変わらない。

それでも、悪しきものを体内に取り込むと聞いただけで嫌悪感を覚える人もいるだろう。だが、放射性物質は体内に溜まるわけではない。代謝や排せつによって体外に排出されていくものであり、時間と共に放射能も弱まっていく。

食品安全委員会が示す「(生涯で)100ミリシーベルト」という基準自体を不安視する人もいるが、「ガンのリスクが上昇するのは(一度に)100ミリシーベルトを超えた量」であることは科学的に明らかになっている。さらに100ミリシーベルトを少し上回ったとしても、それによって上昇する発がんリスクは限定的だ。それよりも生活“悪習慣”によって上昇する発がんリスクのほうが高いことは、国立がん研究センターの調査でも示されている。以下をご覧いただきたい。

●生活習慣と放射線被ばくの初ガンリスク
・1000~2000ミリシーベルトを浴びる   1.8倍
・喫煙                       1.6倍(吸わない人と比べて)
・週450g以上(※)の飲酒            1.6倍(ときどき飲む人と比べて)
・500~1000ミリシーベルトを浴びる     1.4倍
・週300~449g以上(※)の飲酒        1.4倍(ときどき飲む人と比べて)
・やせ過ぎ(BMI<19)              1.29倍(BMI23.0-24.9の人と比べて)
・肥満(BMI≧30)                 1.22倍(BMI23.0-24.9の人と比べて)
・200~500ミリシーベルトを浴びる      1.19倍
・運動不足                    1.15~1.19倍
・高塩分食品                   1.11~1.15倍
・100~200ミリシーベルトを浴びる      1.08倍
・野菜不足                    1.06倍
・受動喫煙(非喫煙女性)           1.02~1.03倍

※飲酒についてはエタノール換算量
※参考:自然界から受ける放射線量は一人当たり年間2.4ミリシーベルト(世界平均)

「100ミリシーベルト」という基準自体がかなり厳しいものであることがおわかりいただけるだろう。市場に流通している福島県産食品の放射性物質を不安視するくらいなら、塩分摂りすぎや食べすぎ、運動不足を改善するほうが、発がんリスクを減らすには有効といえる。むしろ世のビジネスマン諸氏が気にすべきは、タバコやお酒の飲み過ぎと言うべきだろう。

とかく「目に見えないもの」や「自分たちには正体不明なもの」には実態以上に恐怖を感じ、偏見を抱いてしまうのが人の心理というもの。だが、復興の歩みに水を差すような偏見は拭い去り、冷静に事実を受け止めたいものだ。
(篠塚裕也)
(R25編集部)

食品への放射線影響 その実態は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

世界最低水準!日本「6%」の不安
「想定外を想定」原発 現場の闘い
「再エネ」庶民の負担は右肩上がり
迫る温暖化危機 日本が孤立!?
「火力発電」依存度90%超の不安

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP