ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どちらの上司にイラッ?究極の選択

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いつの時代も、上司の存在は部下にとって悩みの種。まもなく4月。人事異動で、直属の上司が変わる人も多いことだろう。仕事のやり方を細々と指示してくる上司、完全に放任主義など、様々なタイプの上司がいるけれど、みんなはどんな上司が苦手&イライラしているの?

●上司も必見!改善のヒントがココに

【もっと大きな画像や図表を見る】

そこで今回は、日頃どんな上司にストレスを感じているのかをアンケート調査で調べてみた。全国の20~50代の男性ビジネスパーソン200人(各世代50人)を対象に行ったアンケート調査(R25調べ)で、様々な上司像から二者択一形式で、“自分をイラッとさせるタイプ”を選んでもらった。

【オンタイム編】
・逐一完全管理主義…56.7%
・部下任せの放任主義…43.3%

・伝統的な手法、やり方を好む…62.7%
・新しい手法、やり方を好む…37.3%

・直感、感覚肌…70.7%
・理論、分析肌…29.3%

まず、仕事の進め方に関しては、「逐一完全管理主義」の上司にストレスを感じる人が若干多いという結果に。管理主義の上司と答えた人の理由をみてみると、「信頼されて無い感じがするから」(36歳)、「部下を完全に信用していない」(46歳)などのコメントが多数。逐一管理されることが、不信感としてストレスにつながっている様子。放任主義の上司と答えた人の理由は、「任せているふりで、責任を逃れようとする」(33歳)、「すべて責任をなすりつける」(45歳)など、放任によって責任転嫁されることに対する不満の声が目立った。いずれのタイプにせよ、信頼関係を築いて、いざという時には責任を引き受けてくれる上司像が求められるということだろう。

続いて、仕事の手法については、「伝統的な手法、やり方を好む」上司にイラつく人が多かった。なかでも、世代別にみると20代では約7割が回答しており、新しいことにチャレンジしない上司にストレスを感じることが多いようだ。その一方で、直感タイプと理論タイプの上司では、圧倒的に「直感、感覚肌」の上司が不人気だった。これらの結果から、たとえ新しい手法を取り入れても、ちゃんとした裏付けを持っている上司像が人気といえそうだ。

【オフタイム編】
・プライベートに過干渉…84.7%
・プライベートに無関心…15.3%

・終業後、飲みに積極的に誘う…68.7%
・終業後、飲みにまったく誘わない…31.3%

オフタイムでのプライベートや終業後の関わり方については、いずれも「そっとしておいてほしい」というのが、部下の本音のようだ。もちろん、上司の人柄や関係性にもよるのだろうが、今の時代、適度にドライな関係の方が部下からのウケはよさそうだ。

今回は白黒つけるために、あえて二択の選択でイラっとする上司像をあぶりだしてみたが、上司ばかりは部下が選ぶわけにはいかない。苦手な上司にストレスを溜めこんでしまうこともあるだろう。

何かとストレスの多い会社勤めだが、そんなビジネスパーソンを応援するアイテムがあるのをご存知だろうか? ヤクルトが開発した乳酸菌飲料「BF-1」はB.ビフィダムY株というビフィズス菌を配合。開発時において、37名に4週間の飲用試験を実施したところ、ストレスによって上昇する唾液中コルチゾールが低下したと報告されている。

2008年から販売を続けているこの商品。今月23日(月)には商品パッケージ、味わいともにリニューアルして発売予定。胃にやさしいまろやかなヨーグルト風味でさらにおいしくなった「BF-1」。職場での息抜きに「BF-1」を飲んでみてはいかがだろう? また、日頃からお世話になっている上司に渡してみるという手も。ユーモアがわかる上司ならきっと受け取ってくれるはずだ。
(R25編集部)

どちらの上司にイラッ?究極の選択はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

やってない?イライラ行為TOP5
ストレス相関にみる職場の人間関係
会社員のムダ遣い予防策TOP5
男の「やめたいムダ遣い」1位は?
若手会社員の飲み会「3割は嫌々」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP