ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福井教え子殺人被害者 朝、容疑者宅から普通に出てきていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月14日、教え子である菅原みわさん(享年25)を殺害した容疑で、福井大学大学院の准教授、前園泰徳容疑者(42才)が逮捕された。前園容疑者は12日の早朝、福井県勝山市内を横断する浄土寺川にかかる「一本橋」と呼ばれる橋の手前に停めた車中で、菅原さんを絞殺したものとみられる。

 菅原さんが前園容疑者に出会ったのは、2011年の春。東邦大学の学生だった菅原さんが、同大学非常勤講師の前園容疑者のとんぼ研究のフィールドワークに参加したことがきっかけだった。

「彼女自身とんぼが大好きで、夢中でその生態系の話をしちゃうような、少し変わった研究者肌の子だったんです。当時は、“超有名な前園先生と一緒に研究できるなんて夢みたい!”って、興奮していました」(菅原さんの知人)

 前園容疑者と出会った直後の菅原さんのフェイスブックを見ると、その当時の彼への憧れの心境が綴られている。

《前園先生素敵すぎる…》
《ランチに誘って、前園先生が『一緒に来て良い』と言ってくれた!》

 菅原さんにとっては雲の上のような存在だった前園容疑者だが、一緒にとんぼ研究をするうちに、徐々にその関係性に変化が生じていった。

「どこに行くにも前園先生に付いて行くようになったんです。当時、彼女は千葉県成田市で実家暮らしだったんですが、わざわざ勝山市の先生の自宅を訪れることもしょっちゅうでした。やはり菅原さんのとんぼに関する知識は他の学生に比べてもずば抜けていましたから、先生もそんな彼女がかわいかったんでしょうね。論文の指導など、ずいぶん熱心に見てあげていました」(別の菅原さんの知人)

 2012年になると、そんな“師弟関係”は、勝山市の住民の間でも周知の事実になっていく。

「だって、普通に朝、彼女が前園先生の自宅から出てくるんですよ。先生の2人のお子さんとも仲よしで、秋にはとんぼを捕まえたり、冬には凧上げをしたりして遊んでいてね…。家族ぐるみのつきあいでした」(別の地元住民)

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福井教え子殺人事件 毎晩現場に謎の軽自動車が停まっていた
グアム無差別殺傷事件 レジでの被害者への一言を店員悔やむ
海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致死事件で逮捕歴が

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP